一色産うなぎ @愛知県西尾市 肉厚濃厚うなぎ『満天☆青空レストラン』で紹介

愛知県西尾市一色町「一色産うなぎ」が2019年8月24日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。日本でも鰻養殖のトップシェアを誇る一色町は百年以上の養鰻技術のある町として知られ、厳密な生産管理体制の元で天然に近い鰻を生産することで知られています。

広告

愛知県西尾市一色町「一色産うなぎ」が『満天☆青空レストラン』で紹介


肉厚な「一色産うなぎ」が『満天☆青空レストラン』で紹介

肉厚な「一色産うなぎ」が『満天☆青空レストラン』で紹介

2019年8月24日放送の『満天☆青空レストラン』で愛知県西尾市一色町「一色産うなぎ」が紹介されるそうです。

鰻(うなぎ)といえば静岡の浜名湖が有名ですが、西隣には三河湾があり、三河湾を望む一色町でも有名な鰻(うなぎ)が生産されているのです。

これ養鰻水道という鰻養殖専用の水路を使って水を引き込んで自然に近いかたちで養殖されている鰻(うなぎ)なんです。

一色町という町は百年以上の養鰻技術がある町で、ニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」を養殖場で育てたものです。

全国の養鰻業者も認めるノウハウがあり、研究された水温・給餌の養鰻技術を持つ業者が鰻の稚魚(しらす)から厳密な管理体制で養殖していることでも知られています。

一色産うなぎは、愛知県西尾市を流れる矢作川水系を使った養殖うなぎ

一色産うなぎは、愛知県西尾市を流れる矢作川水系を使った養殖うなぎ

愛知県西尾市を流れる矢作川水系の川からキレイな水を引き込んで養殖されているのが「一色産うなぎ」の特徴とも言えます。

2019年8月24日放送の『満天☆青空レストラン』紹介されるのは一色町で有名な「兼松淡水魚」さんの鰻(うなぎ)かと思われますが、予告では水を大量に貯め込んだ養鰻場が映っていました。

この「兼松淡水魚」さんは国内ではトップシェア級の生産量を誇る会社で、次に紹介する楽天通販でも兼松淡水魚の鰻を入手することができます

・愛知一色町で養殖されている
・うなぎ養殖では全国トップシェア級
・百年以上の歴史がある養鰻の産地
・矢作川水系から養鰻水道により水を引き込んで養殖している
・天然に近い環境で育った鰻
・皮が柔らかく脂のノリが良いことで知られる

楽天通販で入手できる「一色産うなぎ」

楽天通販でも兼松淡水魚さん他の「一色産うなぎ」を入手することができます。

検索では「一色産うなぎ」もしくは「三河一色産うなぎ」などで検索すれば、愛知県西尾市一色町の養鰻業者が見つかります。

値段はそれぞれ、安いもので6730円(500g、送料込み)のワケあり品も!

一般的な値段は、1尾210gの特大サイズで4980円(送料、税込み)からありました。

一色産うなぎ SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年8月24日 予告


満天☆青空レストラン 2019年8月24日 予告は以下の通りです。

ウナギを食べて24時間頑張ろう!肉厚濃厚!!絶品うな丼
24時間TV直前SP!100年以上の歴史をもつ愛知県の養殖ウナギ!天然の川の水で育てた最高級ウナギは身はふっくら、口の中でトロリと溶ける!白焼き&うな丼&天ぷら


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。