夏ごぼう 京香 @群馬県伊勢崎市が『満天☆青空レストラン』で紹介

夏ごぼう 京香(群馬県伊勢崎市)が2019年6月22日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。この「京香」は伊勢崎市のブランド牛蒡のことなのですが、夏に出荷される「夏ごぼう」のことです。京都に献上(出荷)されるから「京香」で京都の「祇園さゝ木」とか「名代おめん 銀閣寺本店」とタイアップしています。

広告

夏ごぼう 京香(群馬県伊勢崎市)が『満天☆青空レストラン』で紹介


夏ごぼうが『満天☆青空レストラン』で取り上げられるそうです

夏ごぼうが『満天☆青空レストラン』で取り上げられるそうです

2019年6月22日放送『満天☆青空レストラン』で、群馬県伊勢崎市がブランド化した夏ごぼう「京香」が紹介されるそうです。

ゲストは藤田ニコルさんで、生で食べても美味しいといわれる糖度16度以上のゴボウの魅力が全国ネットで放送されることになります。

一般的なゴボウは冬に収穫されることがほとんどですが、今回紹介される「夏ごぼう」というのは初夏に出荷されるもので「新ごぼう」と呼ばれる若いゴボウのことです。

平たくいえば秋に収穫するものを夏に収穫したゴボウのことで、柔らかく香りが良いゴボウの状態で出荷されるので、冬のゴボウとはまた違った味わいがあります。

群馬県伊勢崎市では、6月に出荷するゴボウを「京香(きょうか)」、そして11月に出荷するゴボウを「甘久郎」としてブランド化しており、今回紹介されるのは前者の「京香」になります。

・京香(6月)
・甘久郎(11月)

夏ごぼう「京香」とは?


夏ごぼう「京香」(広報いせさき 6月1日号より)

夏ごぼう「京香」(広報いせさき 6月1日号より)

では、この伊勢崎市のブランド牛蒡「京香」とは、どのようなゴボウなのでしょうか。

販売は期間限定で、2019年は6月22日~7月15日までの特別販売となっています。

販売は伊勢崎市内のスーパーおよび直売所で行われており、値段は1袋で300円です。

名代おめん 銀閣寺本店、牛蒡で食べるウドンが有名です

名代おめん 銀閣寺本店、牛蒡で食べるウドンが有名です

香りが良いので、料理は「天ぷら」などに向いていることから、京都の料亭でも一部で使われているそうです。

この料亭というのは有名な「祇園さゝ木」さんのことですが、伊勢崎市で開催中の京香フェアには「名代おめん 銀閣寺本店」さんも参加されたことがあります。

名代おめんでは、牛蒡で食べるウドンが有名なんで、牛蒡を食材に使っているからです。

・伊勢崎市のブランド牛蒡(ごぼう)
・新ごぼうなので柔らかく香りが良いのが特徴
・6月出荷のものを「京香(きょうか)」として販売
・2019年は6月22日~7月15日までの期間販売
・11月出荷のものを「甘久郎」とし販売
・京都の料亭「祇園さゝ木」でも食材として用いられている
・京香フェアには、京都の「名代おめん 銀閣寺本店」も参加したことがある

夏ごぼう 京香の通販について

ただし、残念なことに伊勢崎市のブランド牛蒡「京香」も「甘久郎」も楽天通販では入手できません。

夏ごぼう自体は通販でも入手可能ではありますが、まだまだ夏ごぼうの認知度は低く、通販で見かけることが珍しいといえます。

ゴボウ自体は珍しいものではなく、地域によって特産品となっているゴボウは他にもありますので、入手しやすいゴボウを買うのが一番です。

ちなみに、京都では「堀川ごぼう」や「当尾ごぼう」といったご当地ゴボウがありますよ。

京香(夏ごぼう)SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年6月22日 予告


満天☆青空レストラン 2019年6月22日 予告は以下の通りです。

ゴボウの概念を変える!驚きの甘さ&柔らかさの夏ゴボウ!
糖度16度以上!甘くて柔らかい夏ゴボウ!!炭火焼きはもちろん、まさかのピザ&ポタージュ&メンチカツに!さらにクセになるすっぱ&辛いスパイシーなしょうゆスコも!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。