竹崎コハダ @佐賀・太良町 割烹ひさご「がねめし」が『満天青空レストラン』で紹介

有明海の竹崎コハダと割烹ひさごの「がねめし」が2019年6月1日放送『満天青空レストラン』で紹介されるそうです。竹崎コハダは通販はありませんが、「がねめし」は「竹崎かにかにほぐし」という商品名で販売されています。

広告

有明海の竹崎コハダと割烹ひさごの「がねめし」が『満天青空レストラン』で紹介


有明海の竹崎コハダが『満天青空レストラン』で紹介されます

有明海の竹崎コハダが『満天青空レストラン』で紹介されます

2019年6月1日放送『満天☆青空レストラン』の食材は「有明海の竹崎コハダ」と割烹ひさごの「がねめし」が紹介されるそうです。

コハダは出世魚で「シンコ、コハダ、ナカズミ、コノシロ、ハビロ」と呼ばれ、体長によって呼び方が変わる魚ですが、今回の舞台となる太良町では「ツナシ」とも呼ばれます。

シンコ(5cm)
コハダ(10cm)
ナカズミ(13cm)
コノシロ(15cm以上)
ハビロ(もっと大きいサイズ)

今回紹介される「竹崎コダハ」は佐賀県の竹崎漁港でコハダを専門に漁をされている寺田さんという漁師さんによって「投網漁」という方法で獲られているコハダのことです。

コハダはお寿司のネタでよく使われている食材です

コハダはお寿司のネタでよく使われている食材です

コハダはお寿司のネタでよく使われている食材ですが、もうひとつ太良町の食材が紹介されます。

それが予告にもある「絶品カニ飯」で、これは割烹ひさごさんで食べることができる「がねめし」と呼ばれるものです。

がねめしというのはカニの身をほぐしたものを白米にのせて食べるもので、通販では「竹崎かにかにほぐし」という商品名で販売されています。


割烹ひさご 営業時間とアクセス方法


大魚神社の海中鳥居(太良町)

大魚神社の海中鳥居(太良町)

竹崎コハダは東京でも「酢飯屋」さんというお店で食べることができますが、残念ながら楽天通販はないようです。

がねめしは通販で購入するか、太良町の「割烹ひさご」さんで食べることができます。

割烹ひさごさんは太良町にある割烹料理店で、近くには「大魚神社の海中鳥居」などの観光名所もあるところです。

営業時間は「11時~18時」で、定休日は「火曜日」となっています。

佐賀県藤津郡太良町多良1763
営業時間:11時~18時
定休日:火曜日
公式サイト:http://kappouhisago.web.fc2.com/
広告

竹崎コハダ SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年6月1日 予告


満天☆青空レストラン 2019年6月1日 予告は以下の通りです。

難易度マックス!!コハダの投網漁に挑む!絶品カニ飯も
激ムズ漁に宮川&あばれる君が挑む!果たしてコハダは獲れるのか!?炙り寿司&つみれ&エスニックあんかけ▽さらに有明海名物!絶品カニ飯も!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。