子持ちシャコ @岡山県笠岡市『満天☆青空レストラン』で紹介

岡山県笠岡市で水揚げされる子持ちシャコが2019年4月20日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されることになっています。カニに近い味わいがする海産物で、今の時期は旬の卵(内子、カツブシ)を抱えたメスのシャコが絶品とされます。番組ではシャコは柚子唐辛子(吹屋の紅てんぐ)などで料理して紹介されるとのことです。

広告

岡山県笠岡市で水揚げされる子持ちシャコが『満天☆青空レストラン』で紹介


『満天☆青空レストラン』で岡山県笠岡市のシャコが紹介されます

『満天☆青空レストラン』で岡山県笠岡市のシャコが紹介されます

2019年4月20日放送の『満天☆青空レストラン』で、岡山県笠岡市の名物「シャコ」が紹介されることになっています。

同じシャコでも「子持ちシャコ」つまりメスのシャコが紹介されます。

シャコは漢字で書くと「蝦蛄」、他にも「がさえびしゃくしゃくなぎ」などとも呼ばれ、カニに近い味わいがする海産物です。

2月~5月にかけてメスは卵(内子)を抱えており、その頃のシャコは絶品。

なお、この卵(内子)は「カツブシ」と呼ばれており、朱色の卵が付く今の時期はシャコの旬となっています。

岡山県ではバラ寿司やシャコ丼として食べられている


笠岡市から瀬戸内海の「北木島」を望む、シャコはここで水揚げされています

笠岡市から瀬戸内海の「北木島」を望む、シャコはここで水揚げされています

世界でシャコを食べる国は「日本、イタリア」のみと言われます。

味わいは蟹に似ており、甘味も感じます。

シャコが獲れる岡山県ではバラ寿司やシャコ丼として食べられていて、特に北木島(きたぎしま)を望む瀬戸内海の沿岸で獲れる天然物のシャコは貴重品です。

特に、笠岡駅近くにある「しゃこ丼の店」はよく知られており、今でも天然物のシャコにこだわった「シャコ丼」を提供しているお店があるので、笠岡市に行った際には立ち寄ってみるのも良いでしょう。

また、番組では柚子唐辛子や柚子胡椒も紹介されることになっています。

こちらは佐藤紅商店さんの「吹屋の紅てんぐ(柚子唐辛子)、吹屋の紅だるま(柚子胡椒)」といった商品があり、そちらが紹介されるかと思います。

岡山県笠岡市笠岡5914−5
営業時間:11時~19時
定休日:水曜日

子持ちシャコ(岡山県笠岡市)楽天通販


シャコは水揚げしてすぐにボイルしたものがお薦めです

シャコは水揚げしてすぐにボイルしたものがお薦めです

では、岡山県笠岡市の「子持ちシャコ」は通販で入手可能なのでしょうか。

笠岡市のすぐ西隣り、岡山県浅口市寄島町にある「おかべ水産」さんが楽天市場に出店しているので、そちらで「子持ちシャコ」を楽天通販することが可能です。

シャコは鮮度が落ちやすいので、水揚げしてすぐにボイルしたものがお薦めです。

そのため、通販でもボイルしたものが売られています。

岡山県浅口市寄島町7540−10

子持ちシャコ(岡山県笠岡市)SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年4月20日 予告

子持ちシャコの濃厚握り&刺身!柚子唐辛子アラビアータも
甘エビより濃厚な甘み!?この時期しか食べられない子持ちシャコのフルコース!塩ゆで&刺身&握り&天ぷら…さらにウマ辛!!柚子唐辛子で作るシャコのアラビアータも!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。