バカ貝(青柳)@三重県津市河芸町「濃すぎる旨味の貝」が青空レストランで紹介

三重県津市河芸町で獲れる「バカ貝」が2019年4月6日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。青柳とも呼ばれますが、正式名称が「バカガイ」です。潮干狩りで大量に獲れ、甘味と旨味のある貝で食べると美味しい食材だったりしますが、砂抜きが大変なので捨てられることもあります。

広告

三重県津市河芸町の「バカ貝」が『満天☆青空レストラン』で紹介


どこにでもある貝(バカ貝)が『満天☆青空レストラン』で紹介

どこにでもある貝(バカ貝)が『満天☆青空レストラン』で紹介

濃すぎる旨味でバカうまい!三重県津市河芸町の「バカ貝」が2019年4月6日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。

バカ貝とはいわゆる「青柳(あおやぎ)」のことで、日本全国どこにでもある貝です。

しかし、甘味と旨味のある貝で食べると美味しい食材だったりします。

三重県産のバカ貝でつくった刺身(茹で)

三重県産のバカ貝でつくった刺身(茹で)

予告では「銀座で一貫1000円」とも書かれてはいますが、潮干狩りへ行くと「バカ貝、マテ貝」はよく獲れるし、価格的にもお馴染みの食材です。

この「バカ貝」というのは通称ではなく正式名で、漢字では「馬珂蛤、馬鹿貝、破家蛤」と書かれます。

青柳は貝としての名称ではなく食べる部分だけのことを指す名称、名前の由来は上総国青柳村で沢山獲れた貝だからです。

・正式名は「バカガイ」
・漢字だと「馬珂蛤、馬鹿貝、破家蛤」と書かれる
・上総国青柳村で沢山獲れた貝だから「青柳」と呼ばれるが貝として名称ではない

砂だらけで砂抜きが大変、高級食材ハマグリと間違われることが多い上に、名前が「バカ貝」と可哀相な貝です。

地域によっては食べないでほかす(捨てる)のですが、『満天☆青空レストラン』で紹介されたら人気がでるかもしれませんね。

三重県津市バカガイ SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年4月6日 予告

こんなにうまい貝があったのか…!!知らないともったいないバカ貝の魅力をお届け!!握り、浜焼き、酒蒸し、干物、パスタ…全て感動のうまさ!!
銀座で一貫1000円!?実は超高級!!でも1度は食べて欲しい…うますぎるバカ貝の魅力をお届け!!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。