武豊たまり醤油 @愛知県武豊町「南蔵商店の醤油、あうん屋の手羽先」が青空レストランで紹介

愛知県武豊町で作られる「武豊たまり醤油」が2019年3月9日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されます。紹介される醸造元は「南蔵商店」さんで、他にも溜り醤油を使った、あうん屋の「伝説の知多手羽先」も紹介されるそうです。

広告

愛知県武豊町で作られる「武豊たまり醤油」が青空レストランで紹介


愛知県「武豊たまり醤油」が青空レストランで紹介されます

愛知県「武豊たまり醤油」が青空レストランで紹介されます

愛知県武豊町で作られる「武豊たまり醤油」が2019年3月9日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されることになっています。

予告では「愛知県 たまり醤油」となっているのですが、愛知県で有名なのは武豊町で作られている「武豊たまり醤油」のことです。

武豊町は「味噌・溜り」の産地として知られているところで、昔ながらの木桶で作っている醤油蔵元がたくさんある町です。

たまり醤油というのは、原材料に「小麦を(ほぼ)使わない」もので、白醤油も小麦を使いません。

それ以外の「濃口醤油、薄口醤油、再仕込醤油」などは「小麦、大豆」が主原料なのですが「たまり醤油、白醤油」は(ほぼ)大豆のみで作られています。

また、色が濃いのが「たまり醤油」の特徴でもあります。

紹介される武豊町の醤油蔵元は「南蔵商店」


昔ながらの木桶で作られる醤油

昔ながらの木桶で作られる醤油

武豊たまり醤油の蔵元はいくつかあるのですが、今回の放送で紹介されるのは「南蔵商店」さんというメーカーです。

テレビなどでもよく紹介されているところで、創業は1872年(明治5年)という老舗でもあります。

古くから武豊町に醸造蔵が多い理由は、醸造に適した硬水の湧く土地だからです。また、海に囲まれた土地であることから、原材料の大豆を海運で運んできて、作られた醤油をまた海運で他の土地に届けることができたのです。

半島ならではの話は他にもあります。

例えば、原材料の塩も海に囲まれた土地だからこそ入手がしやすかったのだそうです。

こういう地の利があったからこそ、武豊で「たまり醤油」が発展したというわけです。

・丸又商店(1829年創業)
・伊藤商店(1859年創業)
・南蔵(1872年創業)
・中定商店(1879年創業)
・カクトウ醸造(1919年創業)
・泉万醸造(1921年創業)

南蔵商店 溜まり醤油 の作り方と商品の違いについて

溜まり醤油は主に愛知県などの中部地方で作られてきた醤油のことで、乳酸菌により大豆が分解されて作られます。

一般的な濃口醤油は酵母菌による発酵で作られますが、たまり醤油は製法そのものが一般的な醤油とは異なるのです。

南蔵商店の溜まり醤油も大豆と塩だけで作られており、木桶で3年間熟成させた(乳酸菌によってじっくりと仕込まれた)醤油です。

商品は「なじみつれそいわらべうた」があり、醤油の抽出工程により値段が変わってきます。

なじみ 360円(200ml)
つれそい 540円(200ml)
ぎん わらべうた 720円(200ml)※木桶の底に溜まった(生引き)醤油

木桶の底に溜まった「生引溜」を使ったものが「ぎん わらべうた」で、一番の高級醤油です。

それ以外の「なじみ、つれそい」は諸味を絞った「圧搾溜」を使ったものになります(一部、生引溜も使用)。

南蔵商店 溜まり醤油 の楽天通販について

楽天通販でも入手可能で、その場合は「武豊たまり醤油」の味くらべができるセットを入手可能になっています。

また、4月下旬発送の予約商品になりますが「南蔵商店」のたまり醤油3点セットも出品されています。

武豊たまりを使った知多手羽先も紹介されます(あうん屋)


あうん屋の「伝説の知多手羽先」も紹介されます

あうん屋の「伝説の知多手羽先」も紹介されます

2019年3月9日放送の『満天☆青空レストラン』では、武豊たまり醤油を使った料理として「刺身、モッツアレラチーズの溜まり漬けサラダ、きんぴら、手羽先、溜まりラーメン」が紹介されるということです。

手羽先は武豊たまりを使った「知多手羽先」のことで、紹介される知多手羽先は「あうん屋」さんという居酒屋さんで提供されているものです。

以前も『マツコの知らない世界』で紹介されたことがある有名なお店です。

愛知県の常滑市と半田市に2軒ずつお店があります。

愛知県半田市天王町1丁目50−1
営業時間:17時~深夜1時
URL:http://www.aunya-tebasaki.com/

武豊たまり醤油 SNSの口コミや評判(感想)

View this post on Instagram

愛知県武豊町にある、 たまり醤油・豆味噌を造る南蔵さん。 . 次期6代目となる息子さんの この汲みかけ姿がカッコいい!! . 現在たまり醤油は、 海外への出荷が増えています。 . 嬉しいことでもあるけれど、 日本人の私たちがより楽しんで使っていきたい調味料でもあります。 . こだわり、工程、人柄、味、 どれも素晴らしく、 たくさんの方へ知ってほしいメーカーです。 . #南蔵商店 #tamari #たまり醤油 #豆味噌 #調味料エバンジェリスト #調味料講座 #調味料の選び方 #食学調味料アドバイザー #自分のモノサシ #下倉樹 #ホンモノの調味料 #調味料メーカー見学

調味料エバンジェリスト 下倉 樹さん(@choumiryou_evangelist)がシェアした投稿 –


満天☆青空レストラン 2019年3月9日 予告


満天☆青空レストラン 2019年3月9日 予告は以下の通りです。

旨み抜群!濃厚たまり醤油でラーメン&モッツァレラ漬け
創業147年の老舗が作る「たまり醤油」。せんべい、モッツァレラチーズのたまり漬け、きんぴら、手羽先、ラーメン3年熟成により生まれる濃厚な旨みがたまらない


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。