甘鯛の干物(ヤマクニ水産)@静岡県焼津市「無添加 朝干し 干物」が『満天☆青空レストラン』で紹介

静岡県焼津市で「無添加 朝干し」の干物を販売しているヤマクニ水産さんの「甘鯛の干物」が、2019年3月2日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるようです。「無添加干物」と呼ばれるもので添加物(酸化防止剤など)を使わない干物を販売されています。値段は税込み3900円、1匹やくで約800グラムほどの大きさの甘鯛を干物にしたものです。

広告

ヤマクニ水産「甘鯛の干物」が『満天☆青空レストラン』で紹介


ヤマクニ水産で作られる無添加干物「甘鯛の干物」が『満天☆青空レストラン』で紹介

ヤマクニ水産で作られる無添加干物「甘鯛の干物」が『満天☆青空レストラン』で紹介

静岡県焼津市で干物を販売している「ヤマクニ水産」さんの商品「甘鯛の干物」が、2019年3月2日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。

こちらの干物は「無添加干物」と呼ばれるもので、早朝3時から販売する分だけの魚を捌いて干物にしたものを商品化し「朝干し」という名称で販売されています。

干物は日持ちを良くするための保存方法のひとつですが、通常の干物は添加物(酸化防止剤など)を添加することがほとんどです。

ヤマクニ水産さんの場合は添加物を使わないのが特徴となります。

・酸化防止剤などを使わない(無添加干物)
・早朝3時から販売する分だけの魚を捌いて干物にする(朝干し)
・塩糀に漬け込んである

無添加 朝干し 干物 とは


甘鯛の一夜干し は塩に漬け込んで冷風乾燥させたものです

甘鯛の一夜干し は塩に漬け込んで冷風乾燥させたものです

「朝干し」とはなっていますが、製造工程を見ると「一夜干し」に近いものです。

(1)魚の仕入れ
(2)魚を捌く
(3)塩糀で熟成
(4)冷風乾燥

一夜干しの場合は日中は塩で漬け込んで、それを一晩だけ冷風乾燥させます。

ヤマクニ水産さんの場合は「生干し」で(強く乾燥させない)冷風乾燥時間を短めにしていると思われました。

そのため「朝干し」と呼んでいるのでしょう。

ヤマクニ水産の干物を入手する方法


ヤマクニ水産の干物は焼津市「焼津さかなセンター」で入手可能

ヤマクニ水産の干物は焼津市「焼津さかなセンター」で入手可能

ヤマクニ水産の干物を入手する方法は3つあり、ひとつは焼津市にある「焼津さかなセンター」で購入する方法です。

それ以外では「公式サイトの通販」もしくは「静岡県焼津市のふるさと納税」を利用することになります。

焼津さかなセンター へ行く方法

では、焼津さかなセンターへ「ヤマクニ水産 甘鯛の干物」を買いに行くにはどうすれば良いのでしょうか。

焼津さかなセンターは東名高速道路の焼津インターを降りてスグの場所にあり、JR東海道線「焼津駅」からは徒歩20分以上と少し離れています。

自家用車で行くのが最も速い方法ですが、駅からタクシー利用でも5分ほどです。

シャトルバスは現在運休で、焼津駅北口から「しずてつ 焼津循環線(自主運行)」が発着しています。

静岡県焼津市八楠4丁目13−7(MAP
営業時間:9時~17時
定休日:水曜日のみ出店は半分と少なくなります
公式サイト:http://www.sakana-center.com/

ヤマクニ水産 SNSの口コミや評判(感想)


満天☆青空レストラン 2019年3月2日 予告


満天☆青空レストラン 2019年3月2日 予告は以下の通りです。

甘鯛ダービー参戦!刺身&昆布締め&煮つけ&絶品の雪見鍋
モチモチ&甘み抜群の甘鯛!宮川とミキが一本釣りで大物狙いの「甘鯛ダービー」参戦!刺身&昆布締めの握り&鱗ごと揚げる名物松笠揚げ&塩麹漬けの干物など絶品料理続々!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。