淡路島3年とらふぐ @兵庫県南あわじ市「福良湾で3年育てる巨大ふぐ」が青空レストランで紹介

2019年1月5日放送の『満天☆青空レストラン』で、兵庫県南あわじ市の福良湾で3年育てたふぐ淡路島3年とらふぐ」が紹介されると予告されていました。南あわじ市の「寺万水産」さんや「若男水産」さんなどが知られ、3年育てる巨大なフグのことです。

淡路島3年とらふぐ は白子も大きなのが特徴で料理は「ふぐ刺し、唐揚げ、たたき、鍋、唐揚げ」などで食べられています。

広告

淡路島3年とらふぐ が青空レストランで紹介


淡路のとらふぐ が青空レストランで紹介

淡路のとらふぐ が青空レストランで紹介

兵庫県南あわじ市巨大フグになるまで3年育てるという「淡路島3年とらふぐ」があります。

その「3年とらふぐ」が、2019年1月5日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介され、2020年の「青空レストランおせちプロジェクト」の一品として使われるそうです。

おせちになるのは「とらふぐのたたき」で、「ふぐさし」とは違って厚みのフグを炙った料理のことです。

淡路島3年とらふぐ は福良湾で養殖されています

淡路島3年とらふぐ は福良湾で養殖されています

紹介される「とらふぐ」は福良湾で育てられる養殖ふぐで、南あわじ市の「寺万水産」さんや「若男水産」さんなどで3年間育てたフグが「Amazon」などで通販可能です。

View this post on Instagram

藤田真礼です! . 先日、フグを購入し自宅でてっちり(フグ鍋)をいたしました(^-^)♪ 私がフグを購入させていただいたのは、南あわじ市福良で"とらふぐ"の養殖、加工、販売までを一貫して行っている「若男水産」さん。 若男水産さんは、ネットでの販売も行っておりますが、今回は実際に直売に行き購入いたしました! 直売所はてっさ、てっちりのセットだけでなく、バラエティー豊かな加工品も販売されていました🌟 . さて、肝心のてっちり🐡 まず驚いたのはプリっプリの食感です!とても身が引き締まっていて感激いたしました!! そして、味もしっかりしていて「こんなに美味しい河豚は初めて!」「今まで食べてきたものと全く違う!!」と話をしながら楽しい食事の時間となりました🍴💕 美味しいものを食べると話も弾みますね(^-^)。 〆は雑炊に… ふぐの旨味が充分に染み込んだ雑炊はお腹一杯でも残さず食べることができました🍚。 . 味ももちろん素晴らしいですが、贅沢すぎるほどの量も入っていて(ふぐ皮やヒレ酒用のヒレまで😌)大満足です!!! . 3年とらふぐは、 生存率が下がったり、エサのコストなどのリスクを負いながら、生産者の方が一匹一匹愛情を込めて育てています。 その気持ちを考えると、なおのこと心が一杯になり美味しく、有り難く感じます☘️ 心なしか調理されたふぐの口が「美味しく食べてね🌸」と笑っている様にも感じました!! . 淡路島3年間とらふぐの旬の時期を迎えています! 皆さんぜひ一度食べてみてください(*^-^)🐡✨ #淡路島 #南あわじ市 #3年とらふぐ #淡路島3年とらふぐ #絶品 #グルメ #ふぐ #てっちり #鍋 #クイーン淡路

クイーン淡路さん(@queen_awaji)がシェアした投稿 –

淡路島3年とらふぐ とは


淡路島3年とらふぐ は、ふぐ刺し(てっさ)で食べるのが一般的です

淡路島3年とらふぐ は、ふぐ刺し(てっさ)で食べるのが一般的です

淡路島3年とらふぐ とは、福良湾の「恵比須神社」がある洲崎と、その隣にある煙島の周辺で養殖されているフグのことです。

3年間養殖するので養殖の常識を越えた巨大なふぐに育つのだそうです。

ふぐ刺し(てっさ)で食べるのが一般的ですが、他にも「唐揚げ、たたき、鍋」などで食べられています。

昆布だしで食べる「ふぐ鍋」は最後の〆で雑炊にすると美味極まりなく、雑炊が食べたいために「ふぐ鍋」を食べに行くこともありますね。

ふぐのたたき(炙ったふぐ)
ふぐ刺し(てっさ)
ふぐ鍋(ふぐちり、てっちり)
ふぐ唐揚げ
ふぐ皮(てっぴ)
ひれ(ヒレの熱燗)
ふぐのたたき(炙ったふぐ)

ふぐのたたき(炙ったふぐ)

ふぐ鍋(ふぐちり、てっちり)

ふぐ鍋(ふぐちり、てっちり)

ふぐ唐揚げ

ふぐ唐揚げ

ふぐ皮(てっぴ)

ふぐ皮(てっぴ)

ひれ(ヒレの熱燗)

ひれ(ヒレの熱燗)

淡路島3年とらふぐ の通販

淡路島3年とらふぐ は通販でも入手可能です。

大きな白子も特徴的なフグで、値段は白子が付いた「鍋・刺身セット(二人前)」で12000円程度という高級品です。

有名なので流通量はありますが、ふぐが高級品なのであまり食べる機会もありません。

とはいえ、冬が旬なので今のうちに食べておきたい食材です。

淡路島3年とらふぐ SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2019年1月5日 予告


満天☆青空レストラン 2019年1月5日 予告は以下の通りです。

3年かけ巨大サイズに育てる淡路のとらふぐ!モチモチ刺し身&巨大白子の天ぷら&バター醤油炒め▽更に2020年正月に向け青空レストランおせちプロジェクト始動!!
2020年の正月に向けた青空レストランおせちプロジェクト。1品目は「とらふぐのたたき」!富山の料亭「五万石 千里山荘」の料理長が超贅沢な逸品を作る!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。