黒舞茸 真 @新潟県魚沼市『満天☆青空レストラン』で紹介

新潟県魚沼市の黒舞茸が『満天☆青空レストラン』で紹介されます。黒舞茸は最上級の舞茸(キノコ)で、今回紹介されるのは大平きのこ研究所の「黒舞茸 真」と呼ばれる商品です。大平きのこ研究所の前身は有名な「雪国まいたけ」で、その創業者が起こした会社です。

では「黒舞茸」とはどのようなキノコなのでしょうか。

広告

新潟県魚沼市の「黒舞茸 真」が『満天☆青空レストラン』で紹介


新潟県魚沼市の黒舞茸が『満天☆青空レストラン』で紹介

新潟県魚沼市の黒舞茸が『満天☆青空レストラン』で紹介

2018年11月24日放送『満天☆青空レストラン』で、新潟県魚沼市の黒舞茸が紹介されるそうです。

舞茸は色の違いで「白舞茸茶舞茸黒舞茸」の3種類あり、黒舞茸が最上級品とされるのですが、珍しいというわけでもなく京都の京北などでも栽培されています。

同じ菌を使って作られる舞茸ですが、栽培環境で色が異なってきます。

今回紹介されるのは「大平きのこ研究所」が販売する黒舞茸で「黒舞茸 真」と呼ばれる商品です。

大平きのこ研究所の前身は有名な「雪国まいたけ」で、その創業者が起こした会社になります。

黒舞茸 真 とは


収穫したばかりの黒舞茸

収穫したばかりの黒舞茸

舞茸とはキノコの一種ですが、前述したように、舞茸には3種類「白・茶・黒」があり、栽培環境で色が異なります。

通常では茶舞茸をよく見かけるはずです。

黒舞茸は香りも味も濃厚で、最上級品として市場に出回るものです。

それをさらに特別な栽培方法で育てたのが「大平きのこ研究所 黒舞茸 真」という商品です。

・舞茸は「白舞茸、茶舞茸、黒舞茸」の3種類あり黒舞茸が一番高い
・その黒舞茸を特別な栽培方法で育てたのが「黒舞茸 真」
・味と香りが濃厚
・歯ごたえがシッカリしている

黒舞茸の特別な栽培方法とは


黒舞茸は日光に当たると色があせるので黒いシートで光を遮断して育てます

黒舞茸は日光に当たると色があせるので黒いシートで光を遮断して育てます

ちなみに、黒舞茸は日光に当たると色があせて黒くなりません。

黒舞茸を栽培する場合は「黒いシートで光を遮断」して育てるといった特別工夫が必要となります。

そのため、大平きのこ研究所でも舞茸を栽培する部屋で「黒舞茸 真」が生産されています。

黒舞茸 真 の楽天通販と値段


黒舞茸は楽天通販で購入可能

黒舞茸は楽天通販で購入可能

京都では「黒舞茸」は通年栽培されていないので市場では見られませんが、大平きのこ研究所の「黒舞茸 真」は楽天通販で通年購入可能です。

自宅用贈答用があり、値段は700gで「1980円~2680円(送料別途1026円)」という高価な舞茸です。

贈答用 2680円
自宅用 1980円

黒舞茸 真 SNSの口コミや評判(感想)

満天☆青空レストラン 2018年11月24日 予告


満天☆青空レストラン 2018年11月24日 予告は以下の通りです。

香り…味…サイズ…どれも仰天の黒マイタケ!天ぷら、ピリ辛炒め、アヒージョ、具沢山けんちん汁…そのうまさにISSAも踊り出す!さらに番組初!宮川特製チャーハンも!
名人の父は雪国まいたけの創業者!一家でマイタケに魅せられた名人が作る、新潟県の黒マイタケ!その香りと旨みは抜群…!!黒マイタケをどっさり入れた絶品料理にDA PUMPも思わず踊り出す! さらに番組10年目にして初!宮川大輔が自らチャーハンをふるまう!その腕前に一同仰天!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。