のらぼう菜(小澤泉さん)@東京 江戸時代から続く伝統野菜『青空レストラン』で紹介

江戸時代から続く伝統野菜「のらぼう菜」が、2018年4月21日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。東京都あきる野市五日市町で育った「のらぼう菜」が紹介されるようですが、小澤泉さんという農家さんだと思われます。通販などでは出回らない野菜で、一般的な八百屋でもなかなか扱わない「冬菜(とう菜)」の品種です。ただし、全国的にも山間部の道の駅や直売所では販売されていたりします。

では、この「のらぼう菜」とはどのような野菜なのでしょうか。

広告

江戸時代から続く伝統野菜 のらぼう菜 『満天☆青空レストラン』で紹介


江戸時代から続く伝統野菜 のらぼう菜

江戸時代から続く伝統野菜 のらぼう菜

2018年4月21日放送『満天☆青空レストラン』で、東京の伝統野菜「のらぼう菜」が紹介されると予告されていました。

もう40年ほど前でしょうか、多摩と呼ばれるエリアは畑や田んぼが多い地域で、それよりさらに奥の青梅市・あきる野市といった「奥多摩」は田園地帯かハイキングに行くような場所でした。

当時は、まだ「あきる野市」は秋川市と五日市町と呼ばれていましたが、青梅市などへ行くと「野菜の無人販売」が街道沿いによくありました。

そこで見かけた野菜のひとつが「のらぼう菜」で、アブラナ科の野菜です。

いわゆる茎を食べる「とう菜(冬菜)」のひとつで、西多摩地区では古くから栽培されてきた伝統野菜です。

漢字で書くと「野良坊菜」、寒暖差のある丘陵地帯である多摩地区では、この寒さに強いナバナ(アブラナ、ナタネ)系の野菜が大変重宝されてきました。

天明・亨保の大飢饉の斎には、この「のらぼう菜」が人名を救ったとされるほどで、今でも「子生神社(こやすじんじゃ、五日市町)」には、その貢献を称える石碑が残っています。

漢字では「野良坊菜」、西多摩地区では江戸時代から栽培されている江戸の伝統野菜。とう菜(冬菜)の西洋種で「茎・葉・花」を食べる。油炒めと相性が良いので肉野菜炒めなどで食べることが多い。
分類:アブラナ科アブラナ属(洋種ナバナ)
原産地:ヨーロッパ
特徴:江戸時代から油の原材料として栽培、他の種と交雑しない

あきる野市五日市町の農家 小澤泉さんが紹介する「のらぼう菜」か


自然豊かなあきる野市(写真はあきる野市の龍珠院)

自然豊かなあきる野市(写真はあきる野市の龍珠院)

さて、『満天☆青空レストラン』の018年4月21日予告を見ると、あきる野市の農家さんが映っていました。

たぶん、あきる野市五日市町の農家さんで「のらぼう菜」を栽培している「小澤泉さん」だと思いますが、この一帯は「桑畑」の多いエリアで、子供の頃には「養蚕」が盛んな場所でした。

よく小学校の実習で蚕を育てたりしたのですが、桑の葉をもらいに五日市町まで出かけたりしていました。

そんな桑畑で、農家さんが育てていたのが「のらぼう菜」です。

ちょうど春先(3月下旬)に旬を迎える野菜ですが、最近では2月頃から早生のものが出回るそうです。

夏に種まきをして、秋に芽が出るのですが、そのまま冬を越えさせることで甘い野菜に育ちます。

花が咲かないように肥料も適宜に与えてじっくりと越冬させるから甘くなるのです(栄養が少ないと花が咲きます)。

のらぼう菜 食べ方


お浸しにして食べることが多い野菜です

お浸しにして食べることが多い野菜です

のらぼう菜は苦味やクセがなく、アク取りの必要もないので、そのまま「お浸し油炒め」などで食べることが多い野菜です。

似ている野菜に「小松菜」がありますが、栄養価はビタミンCが約2倍「のらぼう菜」の方が多く含みます。

茹でてもしぼまないので、お浸しにして食べるのが基本ですね。

油炒めにする場合は、マヨネーズで食べると美味しいと思います。

・おひたし
・胡麻和え
・味噌汁の具
・油炒め

のらぼう菜 通販はあるのか?

では、この「のらぼう菜」は通販で入手可能なのでしょうか?

たぶん、一般的には無理な話です。

というのも、一般的な八百屋さんでは「冬菜(とう菜)」は扱いづらい野菜で、よほどのことでもないと入荷しない野菜なのです。

それも江戸の伝統野菜で西多摩エリアや埼玉で栽培された「のらぼう菜」であれば、なおさらのことです。

入手は「五日市ファーマーズセンター あいな」など現地にある直売店で購入することになります。

ただし、旬は4月上旬なのでそろそろ出荷も終わる時期、生産量自体も少ないので「今からの入手は難しい」と言えます。

とはいえ、そんなに地域限定の野菜ではありませんので、地方でも「のらぼう菜」を販売している場合があります

東京都あきる野市高尾3−1
営業時間:9時~17時
定休日:年末年始
URL:http://www.ja-akigawa.or.jp/farmers3.html

SNSの口コミや感想

はいこちら、今日も野菜の販売所、のーかるさんの立川野菜です! 当店でも好評の多摩の名物、のらぼう菜は、そろそろ終わりだそうですので、残念ですが今シーズンは、これが最後ですかね!? 他にも、筍買って来ました! さて、どうしましょうかね!? あ、それと僅かですが、自家製苺ジャムのご用意もあります! アイスクリームやパフェ、レアチーズケーキなんかにトッピングできますので、お気軽にお声掛け下さい! バタートースト的にもできます! アッサムの紅茶もありますので、ロシアンティー?みたいな感じにもできますので、是非! 全体的にフワッとしてますが、味は間違いないかと!笑 では木曜日も朝5時まで、Norwegian Wood、宜しくお願いします! #norwegianwood #ノルウェーの森 #tachikawa #立川 #国立 #西国立 #多摩 #bar #バー #ビール #ウイスキー #本 #読書 #図書館 #映画 #音楽 #立川錦商店街 #のーかる #立川野菜 #のらぼう菜 #筍 #苺ジャム #旬

Yoshihisa Ohsakiさん(@norwegianwood_tokyo)がシェアした投稿 –

満天☆青空レストラン 2018年4月21日 予告


満天☆青空レストラン 2018年4月21日 予告は以下の通りです。

東京で栽培される、江戸時代から続く伝統野菜・のらぼう菜▽甘くてシャキシャキ!おひたし、カニあんかけ、オイスター炒めと大活躍!さらに東京軍鶏も登場!!
江戸時代から続く伝統野菜・のらぼう菜とは?甘くてシャキシャキ、その意外な実力に「うまい」が止まらない!▽シンプルにおひたし、さらにカニあんかけも!地元の名産・秋川牛とのらぼう菜のオイスター炒めも登場。ご飯がすすんで止まらない!▽さらに東京のうまいものを紹介!それが「東京軍鶏」▽まるで生ハム?熟成低温燻製で作られる軍鶏の味わいに宮川感動!!▽のらぼう菜と東京軍鶏を使った絶品パスタで乾杯!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。