なかほら牧場グラスフェッドバターが『青空レストラン』で紹介

2018年1月27日放送『青空レストラン』で「グラスフェッドバター」が紹介されることになっています。昨年も話題になった「グラスフェッドバター」とは、野草で育ったジャージー牛から搾った牛乳で作るバターのことです。日本では唯一、岩手県岩泉町の「なかほら牧場(中洞牧場)」でのみ生産されています。

楽天通販でも入手は可能で、価格は100gに満たない量で2000円を超える高額商品です。

広告

グラスフェッドバターが『青空レストラン』で紹介


黄色味の強い牧草で育った牛の乳から作るグラスフェッドバター

黄色味の強い牧草で育った牛の乳から作るグラスフェッドバター

国内で唯一「グラスフェッドバター」を生産している岩手県岩泉町の「中洞牧場(なかほら牧場)」が、2018年1月27日放送『青空レストラン』で紹介されるそうです。

グラスフェッドバターは牧草を食べて育った乳牛の乳から作るバターのことで、要するにトウモロコシなどの飼料を使わないで放牧した牛から採れる牛乳で作ったバターのことです。

本来、牛なんだから「放牧で草食べてるのでは?」と思いがちですが、実際には大量生産で牛舎で穀物飼料を食べて育った牛がほとんどです。

「平飼い卵」なんかもそうですが、自然のままに育った家畜は国内ではほとんどありません。

これは価格を安定させるために牛舎などで大量生産をしているからです。

・穀物飼料ではなく植物飼料で育った牛から作るバター
・grass-fed(植物飼料)
・grain-fed(穀物飼料)
・国内では岩手県岩泉町の「なかほら牧場」でのみ生産

グラスフェッドバターの価格


グラスフェッドバターとは牧草で育った牛乳のバターのことです

グラスフェッドバターとは牧草で育った牛乳のバターのことです

2018年1月27日放送『青空レストラン』で紹介される「グラスフェッドバター」は、国内では珍しい放牧されて野草で育った牛の乳から作るバターです。

そのため非常に高価で一般向けではありませんが、楽天通販でも入手可能です。

価格は「なかほら牧場」のものが93gで2160円という値段になっていました。

ニュージーランド産の輸入品で「1kg=2600円」ということを考えると、国内産は約10倍の値段ということになります。 

モノの価格は需要と供給によるので「高い安い」ではありませんが、一般のご家庭で使う食材ではなさそうです。

・穀物飼料ではなく植物飼料で育った牛から作るバター
・grass-fed(植物飼料)
・grain-fed(穀物飼料)
・国内では岩手県岩泉町の「なかほら牧場」でのみ生産
・国内産の価格は93gで2160円
・海外産の価格は1kgで2600円

グラスフェッドバターの楽天通販


高級ホテルでしか見たことがないグラスフェッドバター

高級ホテルでしか見たことがないグラスフェッドバター

このグラスフェッドバターは、高級ホテルでしか見たことがないのですが、通販サイトで「なかほら牧場」で検索すると出てきました。

業務用のグラスフェッドバターも売られていて、海外(ニュージーランド)からの輸入品が「1kg=2600円」です。

通販以外で入手できるのか調べるために、近隣の高級なスーパーで探してみたのですが、京都では見つけることができませんでしたので通販で購入するしかなさそうでした。

青空レストラン 2018年1月27日 予告


青空レストラン 2018年1月27日 予告は以下の通りです。

牧草で育てた牛から採るグラスフェッドバター…その作り方を大公開!極上のバターを使ったじゃがバター、キノコのアンチョビバター炒め!さらに絶品ホワイトシチューも!
宮川が行くと、なんとそこには青空レストラン元ADの岡田くんが!一体なぜ!?今は旅人状態の岡田くんが紹介してくれたのが、岩手県の大自然が育む食材「グラスフェッドバター」。配合飼料ではなく牧草で育てた牛から採るバターは極上!▽まずはシンプルにじゃがバターを味わう。さらにバターレモンサラダやキノコのアンチョビバター炒めなど今夜の食卓に挙げたい料理も!▽寒い冬にピッタリのホワイトシチューで乾杯!


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。