【第2のスノーデン】テロリストデータベース「TIDE」の内容が漏れて犯人捜しが始まっています

Sponsored Link


shrug_chart_final1

元記事:Barack Obama’s Secret Terrorist-Tracking System, by the Numbers

すでに産経が記事にしてしまったので、出遅れましたが、5日のCNNで「第2のスノーデン」が話題になっています。

米ニュースサイト「インターセプト(The Intercept)」がアメリカの対テロ活動の新たな機密文書を掲載したのですが、そのため重要機密を誰かが漏らしているんじゃないのかという疑心暗鬼の状態になっているとAFPやCNNで報じています。

米ニュースサイト「インターセプト(The Intercept)」は以前もスノーデンの機密文書を掲載したこともあるメディアです。

Directorate of Terrorist Identities Strategic Accomplishments 2013


2014-08-06_225823

機密文書は「Directorate of Terrorist Identities Strategic Accomplishments 2013」というタイトルのもので、米国家テロ対策センターのテロリスト監視活動の実態を書いた資料です。

この資料自体に「SECRET/NOFORN(機密、国外秘)」と書かれており、同盟国にすら配布できない資料扱いでした。

文書は2013年8月に作成した12ページのものでした。

アメリカがテロリストだと疑った人数は68万人


資料では、アメリカがテロリズムと関わったと疑った人数が68万人にも及び、そのうち28万人は無関係だったと書かれています。

そのデータベース名は「TIDE」と呼ばれるものでした。

そして、40万人はテロリストだと指摘しています。

問題なのは入手先


今回問題になっているのは入手方法です。

というのも、事前に「インターセプト(The Intercept)」の設立に関わった人物が新しい告発者(第2のスノーデン)の出現を預言していたからです。

The Intercept
https://firstlook.org/theintercept/

その他の関連記事はこちらからご覧ください。


宇都宮の総合物流会社ユーユーワールドが「ご飯にかけるギョーザ」を栃木県内の道の駅や東北自動車道のサービスエリアなどで販売します。



大阪でトラウマになった人続出のコマーシャルに出演していた鈴木奈々がついに関東人を襲撃。(動画あり)


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。