クレイトン潜水艦カレー @呉市『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介

クレイトン潜水艦カレーが10月22日放送『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介されます。「クレイトン潜水艦カレー」とは広島県呉市にある海自の港「呉港」に浮かぶ潜水艦をイメージしたカレーライスで、価格は1080円です。

2017年7月18日から販売開始されたカレーなので、あまりメディアでも紹介されていないようです。

広告

クレイトン潜水艦カレー『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介


瀬戸内海の潜水艦をイメージしたカレーライスが『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介

瀬戸内海の潜水艦をイメージしたカレーライスが『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介

広島県呉市の「クレイトン潜水艦カレー」が、10月22日放送『クチコミ新発見!旅ぷら』で紹介されるようです。

ホテル「クレイトンベイ」のレストラン「コートダジュール&ジョフレ」さんで、2017年7月18日から販売開始されている呉港の海自・潜水艦をモチーフにしたカレーライスです。

予告では「皿の上は海?潜水艦カレー」とか「瀬戸内海をイメージした新名物潜水艦カレー」とあるので、最近発売された「クレイトン潜水艦カレー」が該当するものと思われます。

クレイトン潜水艦カレー

潜水艦カレー‼色やばい😂😂 #潜水艦カレー#呉

@y_asakoがシェアした投稿 –

クレイトン潜水艦カレー(価格:1080円)は、グリーンカレーの海にイカスミで色づけたライスを食べるという珍カレーです。

海というかカレールーの上には「シラス」が浮かんでおり、人参・ジャガイモ・鶏肉がルーに溶け込んでいるカレーになります。

こちらでは「呉海自カレー」として「一期一会 護衛艦かがカレー」というのもあり、2017年4月8日から販売されてもいますので潜水艦カレーの色が苦手な場合でも大丈夫です。

呉で海自カレーが名物になっている理由は、海上自衛隊では毎週金曜日にカレーが昼食に出ることが多く、それを呉市の名物にしようというところから始まっています。

ちなみに、瀬戸内海の色は青ではなく緑なので、カレールーも緑色ということになっています。

広告


海自カレー 自衛隊 潜水艦 呉 海軍 カレー 金曜日 牛すじ【送料込 お試しセット】海自カレー2食セット

コートダジュール 基本情報

ホテル「クレイトンベイ」のレストラン「コートダジュール&ジョフレ」さんの場所ですが、呉港にある大きなベイサイドホテルにあります。

呉駅から車で5分ほどにある呉港には「大和ミュージアム」もあり、観光客が多く訪れる観光都市です。

宿泊料金はシングル1名朝食付きで8000円~13000円程度で、それなりのホテルと言えます。

観光地に近い観光ホテルなので便利そうです。

広告


クレイトンベイホテル

広島県呉市築地町3−3
カレー提供時間:10時~17時
URL:http://www.clayton-bay.jp/

Twitterの口コミや感想

クチコミ新発見!旅ぷら 10月22日 予告


クチコミ新発見!旅ぷら 10月22日 予告は以下の通りです。

海軍ゆかりの呉でインスタ映え美味クチコミ▽皿の上は海?潜水艦カレー▽泣ける旨さの絶品ソフト▽必見穴場ラピュタな遺跡▽日本一の鬼壺豆腐▽絶景で味わう超特大アナゴ丼
元から集めたクチコミ情報を元に、仲良し二人組が“ぷらぷら”と旅先を巡る新感覚の旅番組。 舞台仲間の二人がインスタ映え美味グルメ旅 ▽お皿の上は瀬戸内海!?「潜水艦カレー」 ▽衝撃の「呉ー市ーGONNA呉ー市ー」 ▽レモンに甘酒…泣けるほど美味いソフト ▽欲張りソフト巻き放題で悲鳴… ▽巨大赤鬼が待ち構える日本一の鬼壺豆腐 ▽大人気!ラピュタの世界に浸れる遺跡 ▽絶景で味わう仰天!超特大アナゴ丼


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。