【カッコイイ演説】DODA新CM Fight for Liberty! 戦え!自由のために。転職サイトDODAのCM

Sponsored Link

2014年の7月後半からテレビで見かけるようになった「転職サイトDODA」のコマーシャルCMが良い感じでした。

演説としては非常に優れ、非常に有名な演説を題材にしたものです。

「チャップリン編」と「キング牧師編」があります。

チャップリン編(チャーリー・チャップリン) 出演:綾野剛


Sponsored Link


チャップリンと戦争 『チャップリンの独裁者』展 チャップリン没後30年記念

前者は映画「独裁者」のチャップリン演じる独裁者が放つ有名な演説シーンの言葉です
映画「チャップリンの独裁者 (1940)」の最後に独裁者演じるチャップリンが迫真の演技で語る自由への演説です。

学生時代、チャップリンの全映画を見て、その痛烈な風刺と演技力に影響を受けたことを思い出しました。

独裁者がなぜこんな演説を?

と思うかもしれませんが

独裁者は「Hinkle」というのですが、ラストシーンで演説するのはそっくりな床屋「Charlie」で、顔が似ているということで、なぜかすり替わってしまい、党大会で演説させられることになって、演説するという流れになっています。

チャップリン編(チャーリー・チャップリン) 出演:綾野剛

これだけは伝えたい。
絶望してはいけない。
自由は決して
滅びることはない。
君たちは機械ではない。
家畜でもない。
人間なんだ!
君たちには力がある。
モノを発明する力が。
幸福を生み出す力が。
君たちには力がある。
人生を自由で美しく。
素晴らしい冒険に変える力が!
戦え!自由のために。(Fight for liberty!)

Sponsored Link


手帳型 全機種対応【 BOOK型 全機種対応 】 160機種! iPhone 6 GALAXY Xperia ARROWS AQUOS Diseny mobile LG isai nexus 大人気 ブック型 チャップリン Charlie” Chapli 名画 シネマ Charlie Chaplin LONDON 独裁者 アカデミー賞 アンディーウォーホル POP ART

キング牧師編(マーティン・ルーサー・キング) 出演:綾野剛


Sponsored Link


DI アメリカ黒人革命家 改革派 マーティンルーサーキング 牧師 1/6

後者はこれまた有名なキング牧師の黒人・奴隷解放運動の演説の一説です。

なぜか昔は、キング牧師の黒人解放におけるこの演説を英語で暗唱して全部言うこともできたのですが、最近はとんとごぶさたでひさしぶりに聞いて感動しました。

キング牧師編(マーティン・ルーサー・キング) 出演:綾野剛

友よ。今こそ、夢を見よう。
私たちは、
ひとりで歩くことはできません。
誓いましょう、
常に前進することを。
後戻りは、決してしないことを。
友よ。今こそ、夢を見よう!(I have a dream today!)

一握りの人間に、操られて人生を送るばかりでなく、自分でチャレンジして道を切り開く人生。
日本も真の意味で民主主義ではありません。そして、最近は独裁主義へと移行しつつあります。

自由のために戦うことは悪いことではありません。
しかし、無用に排外主義を煽ったり、脅威論を煽ったりして、世論を戦いに導くことは悪いことです。

それは、本当に自由のための戦いですか?
戦え!自由のために。(Fight for liberty!)

DODA特設サイト
http://doda.jp/brand/ad/

その他の「政治担当」記事はこちらです。

オリジナル日本語訳

映画「チャップリンの独裁者 (1940)」より抜粋

兵士諸君 犠牲になるな
独裁者の奴隷になるな!
彼等は諸君を欺き
犠牲を強いて家畜の様に追い回している!

彼等は人間ではない! 心も頭も機械に等しい!
諸君は機械ではない!
人間だ!
心に愛を抱いてる
愛を知らぬ者だけが憎み合うのだ!
独裁を排し 自由の為に戦え!

1963年8月28日、キング牧師「私には夢がある」より抜粋

私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。

そして、米国が偉大な国家たらんとするならば、この歌が現実とならなければならない。だからこそ、ニューハンプシャーの美しい丘の上から自由の鐘を鳴り響かせよう。ニューヨークの雄大な山々から、自由の鐘を鳴り響かせよう。ペンシルベニアのアレゲーニー山脈の高みから、自由の鐘を鳴り響かせよう。

 ↓ 上に感動したなら、こちらもオススメです!


小さい女の子が、大好きなパパ、いつも優しくしてくれるパパにお手紙を書きました。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。