ぶっかけ辣油 @岐阜県高山市が『サタデープラス』で紹介

ぶっかけ辣油」が5月20日放送『サタデープラス』で紹介されるようです。「ぶっかけ辣油」は岐阜県高山市の会社が販売している「食べるラー油」のことで、具材は「フライドオニオンフライドガーリック」の香ばしいラー油です。

この手の商品は全国で商品化されていますが発祥は京都といわれています。

広告

ぶっかけ辣油 @岐阜県高山市が『サタデープラス』で紹介


食べるラー油が『サタデープラス』で紹介

食べるラー油が『サタデープラス』で紹介

飛騨高山のご当地調味料「ぶっかけ辣油」(ラー油)が、5月20日放送『サタデープラス』で紹介されるようです。

いわゆる「食べるラー油」というやつです。

食べるラー油は「ごはんラーメン餃子」などにかけて一緒に食べると美味しい食べ物です。

今回紹介される「ぶっかけ辣油」は、飛騨高山の企業「飛騨ハム」さんが開発したもので、具材には「フライドオニオンフライドガーリック」が使われており、それに熟成唐辛子のラー油をプラスしたものになっていました。

・フライドオニオン
・フライドガーリック
・熟成唐辛子のラー油

ぶっかけ辣油 通販


広告


ぶっかけ辣油(ラー油)

この「ぶっかけ辣油」の気になるお値段ですが、120g瓶入4個で・・・・

2592円(税別、送料別)

となっていました。

京都の方なら、食べるラー油発祥の店で食べるのがオススメです。

看板には「食べるラー油でお馴染みのウォンさんの店」

看板には「食べるラー油でお馴染みのウォンさんの店」

実は、京都の嵐電「帷子ノ辻駅」の目の前にある中華料理店「菜館wong」が、食べるラー油発祥の店だと言われているのです。

瓶詰で販売されていますが、通販では入手できない逸品ですよ。

京都府京都市右京区太秦堀ケ内町32-2
営業時間:11:30~14時、17:30~20:45
定休日:月曜

サタデープラス 5月20日 予告


サタデープラス 5月20日 予告は以下のとおりです。

最上級プラス:岐阜高山のラー油
日本各地のご当地調味料の産地をではどのように使われているのでしょうか?今回は岐阜県高山市の「ぶっかけ辣油」を前園真聖が紹介します。  


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。