山下とうふ店 @埼玉県所沢市 山下健さん「かむろとうふ」が『プロフェッショナル』で紹介

4月3日放送『プロフェッショナル 仕事の流儀』で埼玉県所沢市にある豆腐店「山下とうふ店」が紹介されます。豆腐づくりのプロフェッショナルとして山下健さんが紹介されるのですが、ここのところ豆腐を扱う番組が目立つので気になるテーマです。

豆腐は日本人の食生活には欠かせないものなので、22:25からのNHKは要チェックでしょう。

広告

埼玉県所沢市 山下健さん「かむろとうふ」が『プロフェッショナル』で紹介


昔ながらの木綿豆腐

昔ながらの木綿豆腐

豆腐職人・山下健さんの神業と評価される豆腐作りが、4月3日放送『プロフェッショナル 仕事の流儀』で紹介されます。

昔ながらの製法で「にがり」を使い、独自の製法による、やわらかい口どけ大豆の味がする豆腐「かむろとうふ」を作る職人さんとして評価の高い方です。

なぜ評価が高いのか?

評価されるのは、豆腐に対する考え方で「多様性を認める」という点にあるようです。

多様性を認める


多様性を認めつつ「在来大豆」を自家栽培した豆腐つくり

多様性を認めつつ「在来大豆」を自家栽培した豆腐つくり

豆腐職人・山下健さんの作る豆腐は「無農薬の自家製在来大豆と天然にがりを使った豆腐」というこだわりのお豆腐です。

しかし、それが絶対ということではなく、良い大豆を選んできっちり作れば「おいしい豆腐はできる」という考えかたです。

大豆も200種類を試行錯誤しながら豆腐にし、にがりにしても「硫酸カルシウム・グルコン」などの特性を知り尽くした上で天然の「青ヶ島のひんぎゃのにごり」を使っています。

多様性を認めて、材料や製法も色々と試した結果のお豆腐が評価されているわけです。

常に新しいものへの挑戦をしているということですが、そういった所が『プロフェッショナル 仕事の流儀』で紹介されるのでしょう。

「かむろとうふ」が買えるお店「山下とうふ店」


「かむろとうふ」は所沢で購入が可能です

「かむろとうふ」は所沢で購入が可能です

このお豆腐、私も豆腐好きなので、ぜひ食べてみたいのですが、どこで買うことができるのでしょうか?

山下健さんが作っている「かむろとうふ」は、埼玉県の「山下とうふ店」さんで通販の購入が可能です。

また、西武池袋線・新宿線「所沢駅」の前にある「西武所沢店」の地下一階食品街でも購入することが可能です。

気になる価格は一丁300円です。

埼玉県所沢市日吉町12-1
営業時間:10時~8時
定休日:無休
URL:https://www.sogo-seibu.jp/tokorozawa/

山下とうふ店 基本情報

明治5年創業の老舗豆腐店「山下とうふ店」でも、事前に連絡すれば直接購入が可能ということです。

本店は「秋津駅」から少し歩いた場所なので、買いにいく場合は「西武所沢店」が良さそうですね。

ここ一か月ほど、テレビでは「豆腐」が取り上げられることが多く、料理では「麻婆豆腐」を扱うこと多いので、今回の放送は気になっていたテーマです。

豆腐は日本人の食生活には欠かせないものなので、22:25からのNHKは要チェックでしょう。

埼玉県所沢市下安松420
営業時間:9時~17:30
定休日:年中無休
URL:https://www.kamuro.com/

プロフェッショナル 仕事の流儀 4月3日 予告


プロフェッショナル 仕事の流儀 4月3日 予告は以下のとおりです。

豆腐職人山下健は、絹ごし豆腐作りの名人。神業と呼ばれる技で、口の中で溶ける豆腐を生み出す。豆の味をしっかりと引き出す技と、豆腐に人生をかけた職人魂に迫る。
創業145年の老舗豆腐店の5代目、豆腐職人山下健。絹ごし豆腐作りの名人だ。昔ながらのにがりを用い、独特の作り方で口の中で溶けていく柔らかさを生み出す。同業者から神業と呼ばれるその技で、豆の味をしっかりと引き出す豆腐を作る。かつては家業を継ぐことが嫌で仕方がなく逃れようとして早稲田大学に進学した山下。今は人生をかけ、まるで哲学者のように豆腐に向き合う。自らをあまのじゃくという職人の技と心に迫る。

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。