スズカリアンタウン @三重県鈴鹿市のブラジル人労働者の多いエリア

スズカリアンタウンという三重県鈴鹿市の場所が12月9日放送『所さんのそこんトコロ』で紹介されるようです。三重県はよく行くのですが「スズカリアンタウン」という場所は聞いたことがありません。しかし、ブラジル人が多く働く場所があります。三重県鈴鹿市の本田技研の工場エリアです。

三重県の「伊賀市鈴鹿市津市四日市市」周辺はブラジル人の労働者が多い町なので、それで紹介されるのかもしれません。

広告

スズカリアンタウンというのが三重県鈴鹿市にあるらしい


三重県津市、三重県は鈴鹿市など外国人が多く住むエリアです

三重県津市、三重県は鈴鹿市など外国人が多く住むエリアです

三重県鈴鹿市に外国人が多く住む場所があり、そこが「スズカリアンタウン」としてテレビで紹介されるようです。

紹介する番組とは12月9日放送の『所さんのそこんトコロ』です。

スズカリアンタウンだけだと、どこの国なのかさっぱりわかりませんし、そんな場所は聞いたことがありません

しかし、思い当たる場所はあります。

実は三重県の「伊賀市・鈴鹿市・津市・四日市市」周辺はブラジル人の労働者が多い町なのです。

では、なぜ三重県にはブラジル人が多いのでしょうか?

三重県の「伊賀市・鈴鹿市・津市・四日市市」周辺にブラジル人が多い理由


鈴鹿サーキット 三重県鈴鹿市にあり本田技研の工場もあります

鈴鹿サーキット 三重県鈴鹿市にあり本田技研の工場もあります

理由は「本田技研工業(株)鈴鹿製作所」があるからです。

地方だと顕著なのですが、大きな工場(トヨタやホンダ)などがあるエリアでは、日本でも多くの外国人が働いています。

特に東海地方は自動車工場が多いエリアです。

東海地方の外国人労働者が多いエリア


トヨタ自動車本社(愛知県豊田市)

トヨタ自動車本社(愛知県豊田市)

東海地方は自動車工場が多く、愛知県豊田市には「トヨタ自動車」の大工場があり、外国人だけにあらず日本人も多く働くトヨタ帝国があるほどの有名な場所です。

他にも、静岡県浜松市は「本田技研」発祥の地であり、ホンダは三重県鈴鹿市にもに「鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)」や「本田技研工業(株)鈴鹿製作所」を持っています。

静岡県磐田市(東新町団地)
三重県鈴鹿市
三重県四日市市
三重県津市
三重県伊賀市
群馬県太田市
静岡県浜松市
静岡県湖西市
愛知県豊橋市
愛知県豊田市

東海地方では、愛知県に3校・三重県に1校・静岡県に1校「エスコーラ・アレグリア・デ・サベール」と呼ばれるブラジル人学校もあったりするほど多くのブラジル人が住んでいるのですが、リーマン・ショック以降で人口は減少傾向にあるようです。

それでもまだまだブラジル人が多く住んでいるということもあり、で「スズカリアンタウン」として12月9日放送の『所さんのそこんトコロ』で紹介されるようです。

所さんのそこんトコロ 12/9 予告


所さんのそこんトコロ 12/9 予告は以下のとおりです。

当日の放送では北海道にある「スウェーデンヒルズ」も紹介されます。

TV初潜入!麻布に超豪華240坪(秘)大使公邸▽家も暮らしも住所まで!北海道にスウェーデン町▽三重・鈴鹿に外国人を呼び集める謎の不動産屋▽密着!外国人女性初の神主(他)
▼一体なぜ!?32年前から北海道に“スウェーデン”が!まるで映画のセットのよう!?日本で素敵な北欧風生活
▼ブラジル人が集まる三重県の“スズカリアンタウン”に潜入!移住のキーマンを直撃!日本でもブラジル人家庭に欠かせないアレとは!?

広告


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。