マツコさんが食べた焼き小籠包は西武池袋の屋上「招福門」

マツコさんの深夜番組『夜の巷を徘徊する』で池袋にある西武池袋屋上の「焼き小籠包」が紹介されるようです。焼き小籠包は「招福門」というお店の屋台で食べることができますが、本店は横浜中華街にあります。

気になるお値段は4個入りで540円です。

マツコさんが食べた焼き小籠包


西武池袋の屋上には「食と緑の空中庭園」という屋台村があります

西武池袋の屋上には「食と緑の空中庭園」という屋台村があります

11月24日放送『夜の巷を徘徊する』でマツコさんが焼き小龍包を食べるのですが、どこの何というお店なのでしょうか。

予告では「中華の屋台に立ち寄り、初めて焼き小龍包を食べる」とありますが、予告を見るかぎりでは西武池袋の屋上で食べています。

実は、西武池袋の屋上には「食と緑の空中庭園」というちょっとした広場になっており、屋台のお店がたくさん並んでいるのです。

その中に横浜中華街にある「招福門」さんの出店があって、そこに「焼小籠包」があります。

中華街の本店だと小籠包食べ放題とかありますが、池袋では4個入りのものが販売されています。

西武池袋の屋上にある「招福門」さんは「焼き小籠包専門店」ですが、他にシュウマイなんかもあるお店です。

熱々のスープが噛むとあふれてくることで知られている焼き小籠包の気になるお値段は4個入りで540円くらい(去年)でした。

広告


【焼き小籠包・点心】【小龍包】【ショウロンポウ】正宗生煎包(サンチェンパオ/さんちぇんぱお)ver2.0【8個入】(トースター調理用)横浜中華街★王府井(わんふーちん)からお届け。

東京都豊島区南池袋1丁目1−28−1
営業時間:10時~22時(夏は30分延長、10月~4月は20時で終了)
URL:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。