英国の経済誌FT『FINANCIAL TIMES』で日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載

Sponsored Link

10/3に英国の経済誌FT誌FINANCIAL TIMES』にて、日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載されています。日本では記事にならない内容のためニュースを見た人々の間で話題となっていました。

珍しい記事ですね。

英国の経済誌FT『FINANCIAL TIMES』で日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載


英国の経済誌FT『FINANCIAL TIMES』で日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載

英国の経済誌FT『FINANCIAL TIMES』で日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載

英国の経済誌FT『FINANCIAL TIMES』で日本の広告代理店「電通」に関する記事が掲載されて話題となっています。

記事の内容は電通が日本の広告業界を独占しているかのような内容となっており、日本のメディアでは絶対に扱わない内容となっています。

記事は10/3に掲載され、冒頭では帝国ホテルで開催された豪華なパーティについてから書かれており、外国では行われない方法について言及している部分もありました。

なお、電通と博報堂では倍近くの規模の違いがあり電通の大きさを記事で書いています。

日本の大企業の多くはこの広告代理店を経由するとも書かれており、とらえ方によっては印象が異なる内容の記事となっていました。

URL:https://www.ft.com/search?q=Dentsu


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。