ひさご寿司 近江八幡市にある地産池沼の寿司店 『LIFE』で紹介

Sponsored Link

ひさご寿司という地産池沼にこだわったお店が近江八幡市にあります。そこが土曜日に関西のお店などを紹介しているローカル番組『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されるようです。10/1放送とのことで近江八幡市ひさご寿司」の川西豪志さんに密着取材したようです。

関西ローカルですが地元のおいしいお店を紹介してくれるのでオススメの番組です。

ひさご寿司 近江八幡市にある地産池沼の寿司店 『LIFE』で紹介

滋賀県の近江八幡市にある寿司店「ひさご寿司」さんが、10/1放送『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されるようです。

予告では「地産地消!近江八幡の絶品和食店」ということで、京都・河原町にある「ひさご寿司」ではありません。

創業は昭和37年という老舗寿司店で、近江八幡で地産地消にこだわっているお寿司屋さんです。

このあたりでは有名なお店で、従業員数も多く本格割烹の和食を出しています。

ビワマス

ビワマス

この地域で地産地消というと「ビワマス」という魚があります。また、お野菜では「北之庄菜(きたのしょうな)」というのがあります。

(1)ビワマス
(2)近江牛
(3)北之庄菜(きたのしょうな)

近江八幡では他にもたくさん地元野菜はあって、このあたりにいくと目移りするほどです。

近江牛は有名なので通販などでも入手は可能なのですが、その他の近江八幡グルメは地元までいかないとなかなか食べることができません。

Sponsored Link


【送料無料】近江牛カルビ食い尽し5点盛り

滋賀県近江八幡市桜宮町213−3
営業時間:10時~22時(日曜は9時~21時)
定休日:火曜
URL:http://hisagozushi.com/

近江八幡の魚 ビワマス

ビワマス。トロけるほど、美しくて美味しい! #さかな #美味しい #ビワマス #長浜市 #滋賀 #琵琶湖

ケイミーさん(@kayme.kiyomi.itayama)が投稿した写真 –

通販では入手できませんが、琵琶湖には昔から住んでいる在来魚「ビワマス」というのがいて、それをお料理で出したりしています。

ビワマスは琵琶湖でとれる鱒のことです。このあたりでは「湖魚」といっていますが淡水魚でうっすらとしたサーモンのような赤身があって脂のりもよいので美味しいお魚です。

個人的には琵琶湖のお魚「ブラックバス」がおすすめです(笑)


ブラックバスを食べたことがありますか?滋賀県では、なんとブラックバスを料理して食べるというのです。臭みがあって食べられないというブラックバスですが、琵琶湖の近くではそれを美味しい天丼にしてしまうというのです。


近江八幡の伝統野菜 北之庄菜(きたのしょうな)

北之庄菜(きたのしょうな)というのはカブのことで、江戸時代からある伝統野菜ですが、最近復刻して近江八幡で売り出しています。

昭和の時代に売れなくなってなくなったと思われていましたが、最近になって種が見つかって復活プロジェクトが始まりました。

最近ではこういった伝統野菜をブランド化して売るのが地方では主流ですね。

高島屋オンラインストアで「ひさご寿司」のお寿司が通販できる


高島屋オンラインストアで「ひさご寿司」

高島屋オンラインストアで「ひさご寿司」

鱧棒寿し・近江牛とろ巻詰合せ 5400円
琵琶ます棒寿し・名物の鯖寿し詰合せ 5940円
近江牛とろ巻 2700円

近江八幡グルメは通販は一般的ではないと書いてますが、実は高島屋オンラインストアで「ひさご寿司」さんの商品が売られています。

遠方の方で「ひさご寿司」さんの商品が食べたい場合は通販もありかもしれませんね。

URL:http://www.takashimaya.co.jp/shopping/food/0450001157/

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。