ゴールドカレー 賞金10万円の超ドデカ盛り金沢カレーが話題に

Sponsored Link

ご飯が30合の10kgもある金沢カレーを出すお店「ゴールドカレー」(石川県金沢市)が話題になっています。なんと60分で完食すると8000円の代金が無料で賞金10万円がもらえるという超ドデカ盛りカレーです。そんなもの食べられるわけがありません(笑)

なお、金沢カレーは京都でも食べることができます

金沢ゴールドカレーの超ドデカ盛り「大食いチャレンジカレー」

石川県はカレーのお店が多くあるのですが、金沢カレーと呼ばれています。

30年前からあるご当地カレーです。

その中でも超ドデカ盛りカレーを出す「ゴールドカレー」さんというお店があります。

この「ゴールドカレー」さんでは大食いチャレンジカレーというイベントをやっているのです。

なお、9/29放送の『忍24時』というテレビ番組で地元の相撲部の大食い力士・森田祥梧さんという方が9/6にチャレンジしていますがチャレンジ失敗したようです。

実は、10kgのカレーはご飯が30合もあるのです。食べられるわけがありません。

2kg 1980円(15分完食で無料)
4kg 3450円(30分完食で無料、ゴールドカレー永久無料権利)
6kg 4980円(30分完食で無料、賞金3万円)
8kg 6460円(45分完食で無料、賞金5万円)
10kg 8000円(60分完食で無料、賞金10万円)

石川県金沢市藤江北1丁目393
営業時間:11時~23時
定休日:
URL:http://www.gold-curry-honten.com/

金沢カレーとは?


これが金沢で食べられる 金沢カレーです

これが金沢で食べられる 金沢カレーです

金沢カレーというのは金沢のご当地カレーのことです。

ステンレスのお皿にキャベツと一緒に盛られた黒いカレールーが特徴的なカレーライスです。

(1)ステンレスのお皿
(2)千切りキャベツが盛られている
(3)給食で使う先割れスプーンで食べる
(4)石川県では30年ほど前からあるカレーライス

私も食べたことがありますが、シャキシャキの千切りキャベツを濃いめのカレーで食べるのがすごく美味しいのです。東京都内でも10年ほど前から「ゴーゴーカレー」が出店していますが、これも金沢カレーです。

では、京都ではこの金沢カレーは食べられるのでしょうか?

京都では桂駅前「カレーハウス・ターバン」で食べることができます

石川県の金沢カレーでは老舗の「カレーハウス・ターバン」という有名店があるのですが、実はなぜか京都に出店しています。

カレーハウス・ターバン 桂駅前西口店」として阪急京都線「桂駅」の前にあります。

「ゴールドカレー」さんではありませんので超ドデカ盛りというわけでもありませんが、京都でも気軽に金沢カレーを楽しむことができます。

京都府京都市西京区桂南巽町128-3山内ビル 地下1階
営業時間:11時~14:30、17:30~21時
定休日:日曜
URL:http://www.turbancurry.com/shop.html

京都御所の下御霊神社近くでも「カレーハウス・ターバン」を食べることができます

また、京都御所の下御霊神社近くに「Kitchen Cafe エル」というお店があるのですが、ここも「カレーハウス・ターバン」の支店です。

ここいつも通る道なのですが、目立たない感じで喫茶店があります。

そこに実は「ターバンカレー」の看板があるのです。なにげに隠れた金沢カレーのお店だったりします。

京都府京都市上京区駒之町
営業時間:9時~19時
定休日:土日祝
URL:http://www.turbancurry.com/shop.html


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。