みなとや食堂 50年間24時間営業の石川県小松市の食堂

Sponsored Link

石川県小松市には50年間24時間営業を続ける(1967年~)という有名店「みなとや食堂」さんというお店があります。昔ながらの昭和食堂ですが風情があり人気のお店です。「みなとや食堂」さんでは東大出身のオーナーがお店をされています。

テレビでもよく紹介されるので要チェックでしょう。

みなとや食堂 50年間24時間営業の石川県小松市の食堂

石川県小松市50年も24時間営業を続けているという驚異の食堂があります。

お店の名前は「みなとや食堂」さんと言います。

ラーメン 500円
チャーシューメン 650円
焼き飯 600円
とんかつ定食 820円
豚生姜焼き定食 820円
マッサージ 50円

石川県といえば小京都とも呼ばれる昔ながらの町並みが残る都市ですが、「みなとや食堂」さんも古くからある家屋そのまま使っている風情あるお店です。

しかし、それよりもすごいのは「50年も24時間営業」をしているという点です。

オーナーは豊島宣一(とよしませんいち)さんという方で、1967年から24時間営業を開始して今に至っています。ちなみに東大中退(東大理科Ⅱ類)という経歴を持っており、お店の2代目として跡を継いだ方です。

本も出版しており『乙女の湖』と『山形からの便り』という作品も世に出しています。

Sponsored Link


乙女の湖

Sponsored Link


山形からの便り 二十四時間食堂物語

豊島宣一さんが働くのは19時~翌朝8時までで、それ以外の時間帯はお母様が店を切り盛りしています。

石川県小松市は人口11万人の工業都市ですが、北陸新幹線ができるまではあまり賑やかではなく閑散とした都市でした。そんな町で50年も24時間営業というのはスゴイことだと思います。それがテレビなどでよく紹介されているようで、昨年も『たけしのニッポンのミカタ』で紹介されていました。

ただ、実際には日曜10時~17時までは準備休業しているのと正月は休みなのでご注意ください。

石川県小松市西町69−1
営業時間:24時間(ただし日曜10時~17時までは準備休業)
定休日:正月

Twitterの口コミや感想


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。