ひるなかの流星 実写映画化が確定!2017年3月に公開とマーガレットで告知?

Sponsored Link

マーガレットで『ひるなかの流星』の実写映画化決定(確定)が9/20に告知されると話題になっています。情報は9/17朝からかけめぐっていますが、9/20発売の『マーガレット』を事前入手した方の話で信憑性が高いです。『ひるなかの流星』の実写映画化は前にもありましたが、今回はガチかもしれません。

ひるなかの流星』は、やまもり三香さんの人気コミックです。

最新情報:11/1に吉祥寺で撮影ロケが目撃されました。(記事はこちらです

ひるなかの流星 実写映画化!2017年3月に公開とマーガレットで告知?


『ひるなかの流星』が本当に実写映画化

『ひるなかの流星』が本当に実写映画化

9/20発売の『マーガレット 2016年 10/5 号』に掲載された情報によると、7月に実写映画化の噂があった『ひるなかの流星』が本当に実写映画化されて、2017年3月に公開されると告知されています。

・9/20発売の『マーガレット』情報
・キャスト不明
・2017年3月に公開

9月20日発売の『マーガレット』の定期購読が届いた方だと思われますが、以下のTweetがあります。

雑誌の販売は地方などでは、実は2日ほど前には書店に届くので、フライング販売しちゃうところもあったりなかったりします。

定期購読とはたぶんそのことで、通販の定期購読ではなさそうです。

ひるなかの流星』は、やまもり三香さんの人気コミックです。

情報では、監督は『パラダイス・キス』の新城毅彦さんとなっています。

原作:やまもり三香さん
監督:新城毅彦さん(『パラダイス・キス』など)
脚本:安達奈緒子さん(『失恋ショコラティエ』など)

さて、『ひるなかの流星』の実写化の噂は以前にもありました。

以前の噂では、2016年7月に嵐の松本潤さんと有村架純さんが富山で新作映画の撮影ロケが目撃された際に実際には『ナラタージュ』だったのですが、一番最初くらいに噂になった作品が『ひるなかの流星』でした。(該当記事あります

結局、その撮影は『ナラタージュ』だったので、『ひるなかの流星』の話は消えました

今回の話は9/17朝に入荷された『マーガレット』に掲載されていたとのことで、公式には9/20には公開される情報です。

今のところ、ファンの多くは坂口健太郎さん希望とか話していますが、キャストの発表はもっと先になりそうです。

馬村:坂口健太郎さん or 藤井流星さん
すずめ:三吉彩花さん or 中条あやみさん
獅子尾:藤木直人さん or ディーン・フジオカさん
ゆゆか:広瀬すずさん(主役級なのでなさそう)

Sponsored Link


ひるなかの流星 コミック 1-12巻セット (マーガレットコミックス)

10/13公式発表!白濱亜嵐さん主演で『ひるなかの流星』が実写映画化!


10/13公式発表があり、白濱亜嵐さんが出演されるということです。

公開日は、2017年3月24日です。

馬村:白濱亜嵐さん
すずめ:永野芽郁さん
獅子尾:三浦翔平さん

東京女子大学で10/15に撮影ロケ

実際に撮影ロケが始まったようで、東京女子大学で10/15に撮影ロケが目撃されています。

三浦翔平さんだけの目撃ですが、学園ものなので『ひるなかの流星』でしょう。

よくロケ地として使われる東京女子大学です。

東京都杉並区善福寺2丁目6-1

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。