奈良十津川村や和歌山龍神村の秘境にある日本一の谷瀬の吊り橋や最怖吊り橋を見にいきました

Sponsored Link

俳優の加藤諒さんが日本一の吊り橋を渡るという番組『THEベッカクTV』が9/10 14時から放送されるのですが、我々も奈良十津川村和歌山龍神村の秘境にある吊り橋を取材しており「十津川村」や「龍神村」の吊り橋を渡った記事を書きたいと思います。

追記:実際に俳優の加藤諒さんが渡ったのは静岡県の「畑薙大吊橋」(はたなぎおおつりばし)でしたが、佐久間橋などは紹介されました。

谷瀬の吊り橋 奈良十津川村にある日本一の吊り橋


谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋

奈良県にある「ビル10階の高さにある細すぎる吊り橋」が、9/10昼間に放送される『THEベッカクTV』(14時)で紹介されるかもしれません。

俳優の加藤諒さんが高さが10階建てビルくらいある吊り橋を渡るという企画です。

この奈良県にある吊り橋というのは十津川村にある「谷瀬の吊り橋」のことで、高さ54メートル、長さ297メートルの日本一の吊り橋と言われている吊り橋です。

この吊り橋は観光名所でもあるため、村できちんと管理されており、安全に渡れる吊り橋です。

むしろ、渡るには安心感があります。

しかし、この付近(奈良県~和歌山県)にはまったく管理されていないもっと細い吊り橋があるのです・・・・

奈良県吉野郡十津川村谷瀬
URL:http://totsukawa.info/joho/kanko/

え!これ渡るの!?恐怖の吊り橋


え!これ渡るの!?奈良や和歌山にある恐怖の吊り橋

え!これ渡るの!?奈良や和歌山にある恐怖の吊り橋

奈良県十津川村にある「谷瀬の吊り橋」は、まだ足場がキチンと板が張られており、きっちりと吊られた吊り橋です。

しかし、この界隈には、他にも数多くの吊り橋が生活吊り橋として存在しています。

我々も奈良や和歌山にある、これらの吊り橋を取材しておりますので、いくつか紹介します。

・十津川村追西川の吊り橋(奈良県十津川村)
・湯之野橋の吊り橋(奈良県十津川村)
・津越野橋の吊り橋(奈良県十津川村)
・湯ノ又の吊り橋(和歌山県龍神村)
・竹ノ瀬橋の吊り橋(和歌山県龍神村)
・日高川の野々垣内の吊り橋(和歌山県龍神村、佐久間橋)

十津川村追西川の吊り橋(奈良県十津川村)


十津川村迫西川の吊り橋(奈良県吉野郡十津川村)

十津川村迫西川の吊り橋(奈良県吉野郡十津川村)

十津川村追西川(せいにしがわ)に架かる吊り橋で、奈良県十津川村にあります。

追西川は、酷道として知られる国道425号沿いにある吊り橋で、奈良県吉野郡十津川村だけで50本近い吊り橋がある中のひとつです。

こちらは観光用ではなく、地元の方が使っているものです。

赤い鉄柱にワイヤーで吊られた橋

赤い鉄柱にワイヤーで吊られた橋

赤い鉄柱にワイヤーで吊られたシッカリした橋ですが、問題は足場です。

この「十津川村追西川の吊り橋」は今にも朽ち果てそうな木の板でつくられているのです。

木には穴が空いていたりして渡るのが躊躇されます。

この高さでも怖いです

この高さでも怖いです

高さはわずか数メートルで、長さも10メートルほどの小さい吊り橋ですが、この高さでもかなり揺れるため渡るのは困難です。

なお、この「十津川村迫西川の吊り橋」という名前は当ブログが命名しました。

奈良県吉野郡十津川村迫西川

湯之野橋の吊り橋(奈良県十津川村)


湯之野橋(奈良県吉野郡十津川村)

湯之野橋(奈良県吉野郡十津川村)

湯之野橋というバス停のすぐ近くにあるバス停です。

吊り橋自体が「湯之野橋」という名前だと思われますが、わかりやすいように「湯之野橋の吊り橋」と呼びます。

ここも朽ち果てそうな木の板でつくられており、それでいて高さもあります。

高くうっそうと茂った木々により下は見えません

高くうっそうと茂った木々により下は見えません

吊り橋は「湯ノ野」の集落へ行く橋ですが、バスは1日2便だけだし実際には使われている様子はありません。

手入れがされていない可能性があるので、ここも渡るのは困難でしょう。

奈良県吉野郡十津川村

津越野橋の吊り橋(奈良県十津川村)


津越野橋の吊り橋

津越野橋の吊り橋

ここもバス停「津越野橋」の横にある吊り橋です。

吊り橋の名前が「津越野橋」というのでしょうが、わかりやすいように「津越野橋の吊り橋」と呼びます。

ここが十津川村では一番怖い橋でした。

長い橋なのに鉄柱もワイヤーも木の板もショボイ

長い橋なのに鉄柱もワイヤーも木の板もショボイ

津越野橋の吊り橋は長い橋で、高さもかなりあるのですが・・・・

長い橋なのに鉄柱もワイヤーも木の板もショボイのです。

え?コレ渡るの?

え?コレ渡るの?

この細いワイヤーが怖い

この細いワイヤーが怖い

高さは7メートルほど、長さは25メートルほどでしょうか、ですが心細いワイヤーで揺れまくります。

奈良県吉野郡十津川村

湯ノ又の吊り橋(和歌山県龍神村)


湯ノ又の吊り橋(和歌山県龍神村)

湯ノ又の吊り橋(和歌山県龍神村)

こちらは和歌山県龍神村にある「湯ノ又の吊橋」という橋です。

龍神村にも数多くの吊り橋があるのですが、ここは比較的シッカリした橋で、整備がされています。

とはいえ、これでも渡るのはものすごく怖いです。

高さが14メートルで、長さも62メートルあります

高さが14メートルで、長さも62メートルあります

高さは14メートルあり、長さは62メートルでかなり長い吊り橋です。

ここは国道371号と日高川を越えるように吊られた吊り橋で、国道の真上を通ります。

渡り口は国道の崖のところにあります

渡り口は国道の崖のところにあります

国道を上から眺めることができます

国道を上から眺めることができます

シッカリした吊り橋なので日高川を渡れました

シッカリした吊り橋なので日高川を渡れました

和歌山県田辺市龍神村湯ノ又

竹ノ瀬橋の吊り橋(和歌山県龍神村)


竹ノ瀬橋の吊り橋(和歌山県龍神村)

竹ノ瀬橋の吊り橋(和歌山県龍神村)

国道371号沿いで日高橋を渡る吊り橋は他にもあって、こちらの「竹ノ瀬橋」もあります。わかりやすいように「竹ノ瀬橋の吊り橋」と呼びます。

龍神村湯ノ又のガソリンスタンド「アムズエナジー エポック龍神SS」の先にある吊り橋で、ここは1トンまでの乗用車でも渡れるという吊り橋です。

シッカリした橋なので問題なく渡ることができます

シッカリした橋なので問題なく渡ることができます

高さは16メートルほどで、長さは61メートルにもなります。シッカリした橋なので問題なく渡ることができます。

向こう側に民家があって、ちょうど渡っていたところに軽トラックが来たのですが、軽トラックの横幅めいっぱいの幅です。

急いで渡りましたが揺れることはありませんでした。ちなみに、村の方にトラックから逃げてるみたいと笑われました(笑)

バイクでも問題ありません

バイクでも問題ありません

和歌山というのは本当に景色が良いところが多いです

和歌山というのは本当に景色が良いところが多いです

和歌山県田辺市龍神村湯ノ又

日高川の野々垣内の吊り橋(和歌山県龍神村、佐久間橋)

日高川の野々垣内の吊り橋」はテレビで「佐久間橋」と紹介されることもありますが、和歌山県で一番怖い吊り橋とも言われる吊り橋です。

高さは12メートルで、長さは43メートルと長い吊り橋で、とにかく足場の木の板が細いのでかなり怖い橋です。

野々垣内の集落

野々垣内の集落

場所は、龍神温泉の北にある野々垣内の集落付近にあって、龍神街道(国道371号)沿いにあります。

写真は手前の集落で撮影したものはあるのですが、この吊り橋の写真が失敗しちゃっていたのでありません。

和歌山県田辺市龍神村龍神

まとめ


和歌山県龍神村

和歌山県龍神村

ということで、今回は「十津川村」や「龍神村」の吊り橋を渡った記事でした。

・十津川村追西川の吊り橋(奈良県十津川村)
・湯之野橋の吊り橋(奈良県十津川村)
・津越野橋の吊り橋(奈良県十津川村) ※十津川村最怖?※
・湯ノ又の吊り橋(和歌山県龍神村) ※渡りやすい※
・竹ノ瀬橋の吊り橋(和歌山県龍神村) ※軽トラまでなら車でも渡れる※
・日高川の野々垣内の吊り橋(和歌山県龍神村、佐久間橋) ※テレビで最怖吊り橋として紹介※

全部が全部渡れるわけでもないのですが、龍神村の「湯ノ又の吊り橋」や「竹ノ瀬橋の吊り橋」のようにシッカリと渡れる吊り橋もあります。

和歌山県は景色がとてもキレイな場所で、昔の人が熊野詣でという旅行をしたのも納得が行く場所でした。

Sponsored Link


龍神温泉 下御殿


京都のお気楽な街中にある「秘境」を探検する「京都秘境ハンター」シリーズです。地元視点で京都の新たな名所を発見して地元経済に貢献することを目的としています。観光ガイドブックに載っていない京都ガイドです。


龍神村の超ボロ吊り橋 佐久間橋 と龍神温泉(日高川の野々垣内の吊橋)

カクナラ吊橋 山田涼介 最恐吊り橋 いただきハイジャンプ

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。