札幌で謎の音が「ドーン」と8月末から聞こえるという噂

Sponsored Link

8/25頃から札幌市内謎の音がうるさいと話題になっています。「ドンッ」とか「ドーン」と聞こえ、8/29からまたよく聞こえるとのことです。8/30朝も聞こえるとのことですが、一説では自衛隊「恵庭演習場」(北海道大演習場)の砲撃音だと言われています。

しかし、自衛隊演習場から札幌市内まで30キロは離れています。相当大きな大砲でもなければ聞こえませんし、地面が揺れているとも証言されており、謎は深まるばかりです。

最新情報:2016年9月10日も札幌ドーン?(追記あります

札幌で謎の音が「ドーン」と8月末から聞こえるという噂


2016年8月末、札幌で謎の大音響!

2016年8月末、札幌で謎の大音響!

2016年8月末頃から、札幌市で「ドンッ」とか「ドーン」という謎の音が聞こえると話題になっています。

証言は多く、数日前の8/25から地鳴りのような音が聞こえているとありますが、8/29朝から証言が多くなり、8/30朝は特にひどいようでTwitterなどでも話題になっている状況です。

大きな音の場合は地面が揺れているような気がするとも言われています。

ドーンドーンという轟音ということから、自衛隊「恵庭演習場」(北海道大演習場)の砲撃音という話もあるのですが、これについては現在確証がない状況です。

本当に自衛隊の演習なのか?


2016年8月末、札幌で謎の大音響!本当に自衛隊の演習なのか?

2016年8月末、札幌で謎の大音響!本当に自衛隊の演習なのか?

この札幌の「ド-ンドーン」という音は、札幌市の南にある「北海道大演習場」での自衛隊の演習だと言われていますが、札幌まで音が聞こえるのはまだしも、家が揺れるというのはおかしな話です。

自衛隊「恵庭演習場」から札幌市内まで直線距離でも30キロ以上あるのです。

音も風のながれにもよりますが、それほどの大きな大砲を撃つなら、事前に告知があっても良さそうなものです。

苦情や問い合わせがあったらしい


この話ですが、原因が不明ですが、考えられるのはやっぱり自衛隊の演習です。

そのため、苦情や問い合わせがあったと朝刊記事にもなったようです。

自衛隊「恵庭演習場」から札幌市内まで直線距離で30キロ以上ありますが、台風10号が近づいていることと札幌市内は低い位置に雲が多く、それによって音が届きやすい状況になっているとも推測されます。

陸上自衛隊による演習のお知らせ


陸上自衛隊による演習のお知らせ

陸上自衛隊による演習のお知らせ

調査してみたところ、8/16~8/31(明日)まで北恵庭駐屯地・南恵庭駐屯地で射撃訓練の告知が出ていました。

真相は、自衛隊の射撃訓練のようです。

○ 北恵庭駐屯地(演習場島松地区)
16日(火)~17日(水)、22日(月)7時~21時
18日(木)~21日(日)、23日(火)~31日(水)7時~20時
 
○ 南恵庭駐屯地(演習場恵庭地区)
19日(金)~20日(土)、26日(金)~28日(日)8時~17時
31日(水)7時~20時

URL:http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1375836529615/index.html

Twitterでの証言・目撃情報


続々と出てくるTwitterでの証言

続々と出てくるTwitterでの証言

8/30朝からは、特に音がひどいようで続々とTwitterでの証言が出ています。

以下にそれをまとめます。

2016年9月10日も札幌ドーン?

2016年9月10日札幌では広範囲で「ドーン」という砲撃音が聞こえるとのことです。

また自衛隊の演習でしょうか?

この時間帯に自衛隊の演習はないと思われ、これは別要因だと思われます。

調べたところ・・・・

「モエレ沼」で・・・・とある催しが絶賛開催中でした(笑)

URL:http://www.moere.jp/

Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。