海沢隧道@奥多摩町 写真を撮ると100%で心霊が写るトンネル

Sponsored Link

8/3放送のTBS『世界の怖い夜』で出川哲朗さんと朝比奈彩さんが「写真を撮ると必ず霊が写る」という心霊トンネル 海沢隧道を訪問したそうです。その場所は「大岳山」に向かう「海沢隧道」という心霊スポットです。

予告映像では場所が一切わからないようになっていますが、ウチの霊能力者・温泉担当が場所を特定していました。

出川哲朗 朝比奈彩が『世界の怖い夜』で行った心霊トンネルの場所はどこ?

出川哲朗さんと朝比奈彩さんが、インターネット上で噂になっている心霊スポットに行ったそうです。

TBS『世界の怖い夜』という8/3放送の番組ですが、予告では・・・・

写真を撮ると必ず霊が写る心霊トンネル」と噂になっている山中のトンネルとされています。

これは、いったいどこなのでしょうか?

大岳山 心霊タクシーツアー

予告映像の出発地点は、世田谷区砧にある「東京メディアシティ」で、タイトルも「夏休み特別企画 心霊タクシーツアー」となっているようにタクシーで行ける場所みたいです。

さて、砧からタクシーで移動ということは、八王子方面か神奈川方面ですが、予告映像を見ると・・・・分かることが、実はたくさんあります。

ウチの温泉担当は、霊感が超強い上に、千里眼の能力の持ち主です。

つまり、場所特定は大変得意です。

その温泉担当が、この場所をズバリ・・・・こう言ったのです!

温泉担当 「こ・・・ここは!大岳山なんだなっ!」

写真を撮ると必ず霊が写るトンネル


なんで分かるのか?オマエノホウガコワイ」という話ですが、予告映像を見ていた温泉担当は、予告映像で流れるタクシー移動中の深夜の道を見て「青梅街道」だと断言しています。

温泉担当は、時間と空間を超えて、対象者に憑依することで、その人物が見た風景が見えるのです!

というわけで、朝比奈彩さんに憑依して見た結果ですが・・・・

(1)世田谷からタクシーで行ける
(2)深夜の青梅街道を通っている
(3)トンネルは一車線の離合困難道路
(4)左に白いガードレール
(5)右に黄色い看板
(6)トンネルの中には電線が2本

温泉担当の「千里眼」によれば、その「写真を撮ると必ず霊が写るトンネル」の場所とは「海沢隧道(海沢探勝路)」だということでした。

海沢隧道(海沢探勝路)

海沢隧道」は、1960年3月に竣工された多摩町海沢の狭いトンネルです。

海沢川という川に沿って走る林道の途中にあり、観音橋という橋の近くにあります。

温泉担当の千里眼では、白いガードレールの先に観音橋があるのですが、予告映像では深夜で見えないようです。

右手には「総重量8トンを超える車両の通行を禁止する」と赤文字で書かれた黄色い看板があるとも温泉担当は言います。予告映像でもモザイクのかかった黄色い看板が見えます。

内部はコンクリの箇所と、岩が剥き出しの箇所があり、出川哲朗さんと朝比奈彩さんが行ったトンネルというのは、ここで間違いないようです。

なお、途中で憑依が解かれたようで、その様子は当日の放送でも流れるみたいですよ!

というわけで、本当にこの場所なのか?は当日の放送でぜひ見て確認してみてください。

(1)1960年3月に竣工
(2)多摩町海沢の海沢川沿いにある林道の途中
(3)観音橋という古い橋の先にある
(4)写真を撮ると必ず霊が写るトンネル

ですが!温泉担当はこうも言ったのです!

温泉担当 「金田朋子には憑依できなかったんだなっ!」

なんの話でしょうか?(笑)

東京都西多摩郡奥多摩町海澤

国内最大級の心霊スポットで金田朋子が大絶叫!!


とまぁ、そんな話よりも気になるのが「国内最大級の心霊スポットで人気声優が大絶叫!!」という企画のほうだと温泉担当は断言していました。

これ、どう考えても「金田朋子」です。

心霊とかどーでもいいので、金田朋子さんが見たいと温泉担当は申しておりましたとさ。

Sponsored Link


真・怪奇心霊事件FILE【電子書籍】[ 並木伸一郎 ]


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。