銀魂のセット「万事屋銀ちゃん」が京都の太秦映画村に!

Sponsored Link

映画版の実写『銀魂』のセット「万事屋銀ちゃん」(よろずやぎんちゃん)が、京都の東映太秦映画村に出現したことが話題となっています。地元の撮影所で銀魂が撮影ロケをするようです。入場料は2200円なのでちょっとお高めです。セットの近くに行けるようです。

なお、これまでは広島県鞆の浦で目撃されていました

最新情報:8/29午前中から太秦映画村で銀魂の撮影ロケらしき撮影隊が目撃されています。(追記はこちらです

実写版『銀魂』の撮影ロケが京都・太秦映画村で行われる?


7/20に京都の太秦映画村に行った方が、「万事屋銀ちゃん」のセットを目撃したとTweetしています。

万事屋銀ちゃん」は「よろずやぎんちゃん」と読み、これは漫画『銀魂』で主人公のお店という設定になっています。正確には団体の名称です。

回り廊下(ベランダ)はない模様


今回目撃された京都太秦映画村のセットでは、若干だけ原作と異なるところがあります。

それが「回り廊下」(ベランダ)がないということです。

西洋建築を真似して取り入れた建築様式で、原作にもあるように「回り廊下」には、出入り口(観音扉)が設置されることが多かったようです。

今回目撃されたセットでは「観音扉」もありませんでした。

東映太秦映画村

「東映太秦映画村」は我々の地元ですが、周囲では映画などの撮影ロケがあり、裏口の通用門には映画関係者御用達の中華料理屋さんなどもありますが、周囲は狭い路地の住宅地となっています。

修学旅行生とかが頻繁に観光に来ますが、入場料は2200円もするので、地元の方は別に行かないです。

Sponsored Link


銀魂―ぎんたま― 64 (ジャンプコミックス)

京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
営業時間:
定休日:
URL:http://www.toei-eigamura.com/

7/21 東映京都撮影所または太秦映画村で撮影ロケか?

地元での噂なのですが、7/21に実際に撮影ロケしているという話が聞こえてきます。

たぶん、映画村と撮影所でで撮影ロケしているようです。

予定では、7/21~7/23となっており、7/22も目撃されています。

その際に、沖田総司は佐藤健さんという話も流れているのですが、実際に撮影ロケにいたのかは不明でした。

しかし、7/23に京都産業大学で佐藤健さんが実際に目撃されており、佐藤健さんが京都にいるのは確定しています。(詳細は別記事にしました

ちなみに、撮影所駅から東映の京都撮影所って目の前なのですが、スタッフ通用門の前に中華料理で「開花」さんてお店があるのですが、そこはよくスタッフさんが食事する場所です。

8/8の噂ではまた太秦映画村で『銀魂』の撮影?

8/8の噂ではまた太秦映画村で『銀魂』の撮影ロケがあると言われています。

スタッフに聞いたという、とってもフレンドリーな内容なので、逆に「ほんとかなぁ~」という話ではありますが、ありえない話ではありません。

噂では撮り直しとのことです。もう結構撮影ロケは進んでいると思われます。

8/30 太秦映画村の『銀魂』セットは撤去


8/30に太秦映画村の『銀魂』セットは撤去されたそうです。

ということで、今から見に行ってもセットはすでにありませんのでご注意ください。


実写映画「銀魂」記事一覧はこちらです。撮影ロケ地を参考にして観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。