りらくる東浦和店 @さいたま市「もみほぐし店」が『ドキュメント72時間』で紹介

さいたま市「りらくる東浦和店」という「もみほぐし店」が、11月24日放送『ドキュメント72時間』で紹介されるようです。予告で映っている店内とスタッフの服装などから「りらくる東浦和店」でまず間違いありません。公式サイトで確認したところ、確かに紹介されると告知されていました。

では「りらくる東浦和店」はどこにあるお店なのでしょうか。

広告

さいたま市の「もみほぐし店」が『ドキュメント72時間』で紹介


りらくる東浦和店 @さいたま市「もみほぐし店」が『ドキュメント72時間』で紹介

りらくる東浦和店 @さいたま市「もみほぐし店」が『ドキュメント72時間』で紹介

11月24日放送『ドキュメント72時間』で、コリをもみほぐしてくれるマッサージ店が紹介されます。

『ドキュメント72時間』は毎週見ている番組で、誰でも行けるような場所で、普通の人たちが何を考えてソコへ来るのかを知ることができる番組です。

商売をしていると、こういう人々の動機というか思いというのを知るのは大事なことなので、飲食店など個人事業をされている方は参考になる番組でもあります。

さて、今回の場所は「さいたま市」とのことですが、いったいどこの「もみほぐし店」なのでしょうか。

実は「りらくる東浦和店」というお店です。

もみほぐし・フットマッサージ店がメディアで取り上げられるのは珍しいです

もみほぐし・フットマッサージ店がメディアで取り上げられるのは珍しいです

りらくる東浦和店」さんは、体のコリをほぐしたり、フットマッサージなどをしてくれるお店です。

価格は60分で2980円からと「散髪」に行くような手軽な価格設定になっていました。

もみほぐし60分 2980円
足つぼ60分 3400円
もみほぐし&足つぼ90分 4700円
ハンドリフレ90分 4700円
クイックヘッド90分 4700円

京都でも30分1980円からという「ほぐし処」があるので、気になっていていました。

同じように「気になっているけど行ってない方」も多いのではないでしょうか。

メディアで紹介されることで、地域の「もみほぐし店」の需要が増すこともありますが、番組を見たら行ってしまいそうです。

メディア戦略は重要です

メディア戦略は重要です

個人事業だとなかなかできませんが、メディア戦略を重要視されている会社さんは結構あります。

「りらくる」さんも公式サイトを見ると「CM・メディア掲載」というカテゴリーがあって、メディア戦略を重要視していることがわかります。

大事なことだと思います。

りらくる東浦和店 基本情報

「りらくる東浦和店」さんの場所ですが、埼玉県さいたま市南区のベッドタウンにある「もみほぐし店」です。

全国展開が著しくて、京都に10店舗もありました。(京都店一覧はこちらです

西大路五条の「餃子の王将」の南側にも「京都西大路五条店」というのがあります。

洛西にもあるのですが、ちょっと看板が目立たないので今まで気が付きませんでしたが、スーパー銭湯とかにもあるので今度寄ってみたいですね。

埼玉県さいたま市南区大谷口840
営業時間:10時~26:30
定休日:不定休
URL:https://riracle.com/usr/shop/detail/2429

ドキュメント72時間 11月24日 予告


ドキュメント72時間 11月24日 予告は以下の通りです。

人口130万人のさいたま市にある“もみほぐし店”が舞台。昼夜問わず駆け込んでくる客のコリの原因はさまざま。心地良くなって思わずこぼれる本音のつぶやきに耳を傾ける
人口130万人のベッドタウン・さいたま市。住宅街にある“もみほぐし店”には、昼夜を問わず身体に疲れをまとった客が駆け込んでくる。そのコリの原因はさまざまだ。孫の世話に追われる年配の女性。日々、スピードと効率化を求められる運送ドライバー。誰かに触れてもらえるだけで、前へ進む元気が出ると語る常連さん。体だけでなく心のコリの原因は何なのか。心地良さから思わずこぼれる本音のつぶやきに、3日間、耳を傾けた。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。