オンザマークス川崎 1泊3千円ゲストハウスが『ドキュメント72時間』で紹介

オンザマークス川崎(ON THE MARKS KAWASAKI)さんという川崎駅近くの格安ホテルが、11月17日放送『ドキュメント72時間』で紹介されるようです。「ゲストハウス 1泊3千円のオアシス」ということで「バンクベッド」タイプが3180円から宿泊できる「オンザマークス川崎」さんで間違いないでしょう。

では、この「オンザマークス川崎」は、どこにあるホテルなのでしょうか?

広告

1泊3千円ゲストハウスが『ドキュメント72時間』で紹介


『ドキュメント72時間』で川崎「ラ チッタデッラ」近くのホテルが紹介されるようです

『ドキュメント72時間』で川崎「ラ チッタデッラ」近くのホテルが紹介されるようです

毎週楽しみにしている『ドキュメント72時間』11月17日放送は、川崎のゲストハウスが舞台になると予告されていました。

副題が「ゲストハウス 1泊3千円のオアシス」となっており、格安のカプセルホテルが紹介されるようです。

今週はセレブな英会話教室で、なんとなく『ドキュメント72時間』らしくないなと思っていたのですが、11月17日放送はいつものような庶民的な場所が舞台でちょっとホッとした雰囲気です。

では、この川崎のゲストハウスというのは、どこにあるホテルなのでしょうか?

オンザマークス川崎が『ドキュメント72時間』で紹介

実は11月17日放送『ドキュメント72時間』の舞台となっている川崎のゲストハウスとは「オンザマークス川崎」さんというホテルです。

ON THE MARKS KAWASAKI」というのが屋号で、JR川崎駅から第一京浜へ向かって徒歩10分くらいの場所にあります。

カプセルホテルといっても、最近流行りの「半個室タイプ」や「二階建てベットタイプ」のある洒落た新しいカプセルホテルというべきでしょう。(ユニットバス付の一般的な個室もあります)

・バンクベッド(二階建てベット型)3180円~3680円
・コンパクトルーム(個室タイプ)4980円~8680円
・スタンダードルーム(ユニットバス付個室)6680円~7440円

川崎なので、羽田空港から8kmほどの距離です。

そのため、外国人観光客でも利用しやすい立地にあるし、このあたりは湾岸地帯で工事関係者も多いエリアです。

西洋人は特に格安旅行を好む傾向にあるので、今回の放送では外国人さんの事情なども知ることが出来る内容になるかもしれません。

京都も観光都市です。

こういった番組で、宿泊客の動向を知っておくのは大事だと思います。

広告


オンザマークス川崎 宿泊情報

神奈川県川崎市川崎区小川町17−1
URL:http://www.on-the-marks.jp/kawasaki/

Twitterの口コミや感想

#オンザマークス川崎 #これで十分 #寝るだけ #コスパ重視 #出張

Kenichi Suzukiさん(@lockon.ken)がシェアした投稿 –

ドキュメント72時間 11月17日 予告


ドキュメント72時間 11月17日 予告は以下の通りです。

ゲストハウス 1泊3千円のオアシス
1泊3千円。“ゲストハウス”と呼ばれる格安の宿泊施設が舞台。都心へのアクセスが良く、200人が宿泊できる川崎のゲストハウスでは旅行客だけでなく、働く人たちの利用が絶えない。開発が進む都内の現場を渡り歩く工事関係者。正社員を目指してゲストハウスを拠点に就職活動する人。飲み会で終電を逃し、家があるのに帰らない人も。カーテンで仕切られた2畳ほどのスペース。さまざまな人生がとなり合うゲストハウスに密着する


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。