ライコランド @東京ベイ「大型バイクショップ」が『ドキュメント72時間』に登場

東京の湾岸エリア「東京ベイ」にある大型バイクショップ「ライコランドTOKYOBAY東雲店」が『ドキュメント72時間』で紹介されるようです。放送は10月6日、首都高湾岸線沿いにあるライコランドさんで72時間の密着した内容が紹介されます。

この付近は確かにバイク乗りや若者のドライブが多いエリアですが、私が湾岸ドライブしていた時代とはまた意識の違いがあるかもしれません。

広告

東京ベイの「大型バイクショップ」が『ドキュメント72時間』に登場


『ドキュメント72時間』で豊洲・東雲エリアの巨大バイクショップが紹介されるようです

『ドキュメント72時間』で豊洲・東雲エリアの巨大バイクショップが紹介されるようです

毎週楽しみにしているNHKの良番組『ドキュメント72時間』ですが、10月6日放送でバイクショップが紹介されるようです。

東京の湾岸エリアにある大型バイクショップで72時間密着取材するという内容なのですが、都内のバイク好きであれば知らない者はいないという「ライコランドTOKYOBAY東雲店」で撮影ロケが行われたようです。

りんかい線「東雲駅」(しののみえき)のすぐ近くにある大型バイクショップで、大型の超高層マンションが立ち並ぶエリアにはかなり大きい「オートバックス」もあったりします。

東雲の超高層マンション群

東雲の超高層マンション群

東京の湾岸エリア「東京ベイ」は首都高が海沿いを走っており、千葉方面から横浜まで景色の良い道が続きます。

今はそうでもないかもしれませんが、20年ほど前までは大学生でも車を持っていた時代があって、私も湾岸の首都高は暇があれば走っていました。(仕事でもしょっちゅう走っていましたが)

関東平野はだだっ広いので山まで行くのはちょと辛く、身近な東京ベイをドライブするのが普通だったと思います。

地方のツーリングはだいたいこんな感じです

地方のツーリングはだいたいこんな感じです

大阪なんかだと、ドライブというと山方面に行っちゃう感じなので、湾岸ドライブというのは東京特有のものだったんだなと、関西に来て思いました。

放送では、ひさしぶりの湾岸エリアが見られるようなので、今から楽しみです。

ライコランドTOKYOBAY東雲店

「ライコランドTOKYOBAY東雲店」さんの場所ですが、りんかい線「東雲駅」北口すぐ右手のオートバックス奥にあります。

この付近は昔からバイク乗りや若者のドライブが多いエリアです。

しかし、私が湾岸ドライブしていた時代とは、ドライブする理由はたぶん大きく違うような気がします。

20年ほど前はバブルなんかもあって、20歳そこそこでも車を持ってドライブ三昧という感じでしたが、今はバイクも自動車が売れない時代で、バイク人口も高齢化しているからです。

そういう点では、本当にバイク好きなお客さんが登場しそうなので面白そうな放送回になるかもしれません。

東京都江東区東雲2丁目7−12
営業時間:11時~20時
定休日:無休
URL:http://www.ricoland.co.jp/

ドキュメント72時間 10月6日 予告


ドキュメント72時間 10月6日 予告は以下の通りです。

それでもバイクで走る理由
首都高の中継地・東京湾岸エリア。ここに、都内のバイク好きなら知らない人はいないという、大型バイク用品店がある。品揃えが豊富で洗車やメンテナンスもできるとあって、ひっきりなしに客が訪れる。広い駐車場は、さながらバイクの見本市。キャラクターのペイントをあしらう若い女性、徹底した節約生活の末、イタリア車を手に入れた若者。「夏は暑くて、冬は寒い」、それでもバイクを愛してやまない人たちの声に耳を傾ける。


京都にある静かすぎる図書館(私設図書館)が、10月27日放送NHK『ドキュメント72時間』で紹介されます。なんと京都に72時間が来たのです。場所は京都・白川にある「私設図書館」という店名のカフェのような自習室のような図書館のような空間です。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。