観覧車『くるりん』@愛媛・松山市『ドキュメント72時間』で紹介

いつも楽しみにしているNHK『ドキュメント72時間』で、愛媛県松山市にあるデパート「いよてつ高島屋」の観覧車『くるりん』が紹介されるようです。「直径 45メートル、高さ 85メートル」と大観覧車で料金は700円で乗ることができます。

人々はどんな思いで観覧車に乗るのか非常に興味があります。

広告

観覧車『くるりん』が『ドキュメント72時間』で紹介


愛媛県松山市「いよてつ高島屋」の屋上にある観覧車『くるりん』

愛媛県松山市「いよてつ高島屋」の屋上にある観覧車『くるりん』

7月7日放送『ドキュメント72時間』で、愛媛県松山市「いよてつ高島屋」の屋上にある観覧車くるりん』が紹介されます。

NHKの良質な番組『ドキュメント72時間』では、この懐かしい感じがする観覧車に乗りにくる人々に密着して、なにを思って来ているのかをインタビューする番組です。

今回も、いろいろな思いでやってくる人々のことを知ることができるので、放送が楽しみなです。

上の写真が実際の観覧車「くるりん」で、松山城から瀬戸内海まで見渡せるという大きな観覧車です。

なにげに「冷暖房完備」という高級な観覧車で、床も透明な「シースルーゴンドラ」が2基あります。

料金は、おとなひとり700円と、それなりのお値段はしますが、観光客だったら観光地を一望したいと思うでしょう。

直径:45メートル
高さ:85メートル
海抜:106メートル
所要時間:15分
乗員:4名
料金:700円(シースルーゴンドラは900円、小学生未満無料)

昔はよくあった屋上観覧車


まるひろ百貨店川越店 屋上遊園地(日本で2番目に小さい観覧車)

まるひろ百貨店川越店 屋上遊園地(日本で2番目に小さい観覧車)

昔は(高度経済成長期)よくデパートの屋上にある観覧車に乗ったりもしましたので、地方都市に残っていたりするとなんか懐かしい雰囲気になることがあります。

今では地方の古いデパートくらいでしか見かけることがなくなっているように思います。(大阪にはありますが)

上って下りるだけですが、デパートの屋上にあるから景色は抜群です。

こちらは大阪の観覧車

こちらは大阪の観覧車

デパートの屋上ではありませんが、東京都日野市にあった「多摩テック」(2009年9月30日閉演)の超巨大観覧車にはよく乗ったものです。ここも山の上にあったので、平山や野猿街道方面がよく見えたものです。

昭和の時代、特に経済が好調だった時期は、田舎でもスケールの大きなものがあったりして、ものすごく元気な時代でした。

たぶん、私は昔の元気だった昭和の時代を思い出しながら乗るんだと思います。

なお、京都には、1956年3月から操業している観覧車が「京都市動物園」と「天橋立ビューランド」にしかありません(笑)

いよてつ高島屋

今回紹介される「いよてつ高島屋」さんの大観覧車『くるりん』は、松山市駅ビルの屋上にあります。

北は「松山城」、西は「瀬戸内海」を見渡せる観覧車です。

前に仕事で松山市に行った時に見たことがありますが、その時でも「まだあるんだ」と思ったものです。

経営は「伊予鉄道株式会社」で、平成13年10月に開業した観覧車なので、これ自体はそんな昔のものではありません。

愛媛県松山市湊町5丁目1−1
営業時間:10時~19:30(観覧車は22時まで)
定休日:年中無休
URL:http://www.iyotetsu.co.jp/kankou/kururin/

Twitterの口コミや感想

ドキュメント72時間 7月7日 予告


ドキュメント72時間 7月7日 予告は以下のとおりです。

愛媛・松山にあるデパートの屋上に、市民から親しまれている観覧車がある。上っては降りるだけの密室に、なぜ人は引き寄せられるのか。思い思いに過ごす15分間のドラマ。
愛媛・松山にあるデパートの屋上。ここに、市民なら誰もが知っている観覧車がある。1周15分、ゆっくり時間をかけて頂上までたどり着くと、町全体を見渡すことができる。訪れるのは、テスト期間中だという高校生。県外で就職することが決まった若者。買い物ついでに必ず寄るという、一人暮らしのおばあさん。のぼっては降りるだけの不思議な密室に、なぜ人々は引き寄せられるのか。思い思いに過ごす15分間のドラマ。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。