キリンが見える散歩道 @熊本市動植物園が見える道が『ドキュメント72時間』で紹介

普通の人たちのほんのちょっとした幸せや喜びを記録するNHKの優良番組『ドキュメント72時間』の3月10日放送は「キリンが見える散歩道」です。場所は熊本市にある「熊本市動植物園」脇を通る用水路の遊歩道で、そこからは動物園のキリンが見られます

では、この「キリンが見える散歩道」はどこにあるどんな場所なのでしょうか?

広告

熊本市動植物園が見える道が『ドキュメント72時間』で紹介


『ドキュメント72時間』の舞台は震災から復興する熊本です

『ドキュメント72時間』の舞台は震災から復興する熊本です

毎週欠かさず見ているのがNHKの『ドキュメント72時間』ですが、今週も普通の人たちのほんのちょっとした幸せや喜びを72時間追いかける内容になっていました。

テーマは「キリンが見える散歩道」です。

熊本地震以来、休園していた動物園で、最近やっと部分開園が始まった熊本の動物園が紹介されます。

その動物園とは「熊本市動植物園」です。

優しい顔をしたキリンに癒される熊本市民が紹介されます

優しい顔をしたキリンに癒される熊本市民が紹介されます

その「熊本市動植物園」は入園しなくても外から「キリン」が見られる場所があるのです。

かわいい」よりも「優しい」顔をしているキリンさんに癒され、復興を目指す熊本市民が今回の主人公というわけです。

さすが、目の付けどころが『ドキュメント72時間』だけあります。

では、その「熊本市動植物園」にいるキリンを見ることができる遊歩道とはどこにあるのでしょうか?

キリンが見える散歩道

キリンが見える散歩道」は、熊本市動植物園の東にある「健軍水源地」のすぐ南にある遊歩道です。

「健軍水源地」は熊本市の1/4の水道水をくみ上げている場所で、熊本市の水道はすべて地下水で賄われていたりもします。

その水源地から南に伸びて江津湖に繋がる用水路の先にあるのが「キリンが見える散歩道」です。

熊本市動植物園のキリンの隣り

熊本市動植物園のキリンの隣り

熊本県熊本市東区広木町4

見られるのは「熊本市動植物園」のキリン

遊歩道から見られるのがキリンがいるのが「熊本市動植物園」です。

しかし、残念ながら熊本地震以降は土日祝のみ開園という部分開園での営業となっています。

動物園の復旧には8億8千万円の費用が必要で、現在は「日本動物園水族館協会」で熊本市動植物園への見舞金を受け付けしています。(日本動物園水族館協会の公式サイトはこちらです

入園料:300円
熊本県熊本市東区健軍5丁目5−14−2
開園時間:9時~17時
定休日:月曜(現在は土日祝のみ部分開園)
URL:http://www.ezooko.jp/default.aspx

ドキュメント72時間 3月10日 予告


ドキュメント72時間 3月10日 予告は以下のとおりです。

昨年の熊本地震以来、休園していた動物園。園外からフェンス越しに動物を見られる、人気の散歩道に密着する。キリンやゾウを眺めながら日常を取り戻そうとする人々の物語。
昨年4月の熊本地震以来、休園が続いていた動物園。動物たちの公開が中止されている間、「日向(ひなた)ぼっこするキリンやゾウを園外から間近に見られる」と人気スポットになった散歩道がある。ジョギングがてらフェンス越しにのぞいて行く住民、震災後に生まれたキリンの成長を楽しみに通う人、離れて暮らす家族に動物の写真を送る人…。ゆったり過ごすキリンやゾウを眺めながら、日常を取り戻そうとする人々の3日間。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。