酷道ヨサク(439)?ならサヨクとかウヨクもあるに違いない

Sponsored Link

酷道ヨサク(439号)」が6/3放送『ドキュメント72時間』で紹介されるのですが、サヨクとかウヨクもあるに違いないと思いませんか?数字語呂合わせの世界ですが「国道ふなっしー」や「国道肉球」などもあっても良いと思いませんか?

今回はそんなお話です。

ドキュメント72時間


ドキュメント72時間がただ国道を走る番組を放送

6/3放送『ドキュメント72時間』は、なぜか三日三晩もあの四国の酷道439号をひた走るという企画番組になっていました。

酷道439号とは、もちろん「国道439号」のことで、日本を代表する四国の酷道です。

酷い道のことを・・・・

酷道 (国道)
腐道 (府道)
険道 (県道)
獰道 (道道)

などと表現して、ただただ走りに行くというマニアがいるというわけです。

ちなみに、「道道」(どうどう)とは北海道の道です。

京都にも「酷道477号」があり、うちの温泉担当は雨の日の夜に、百井別れの奥にある茂みに潜むのが趣味だったりします。

京都・酷道477号 百井別れ


京都・酷道477号 百井別れ

さて、上の写真が京都の「酷道477号 百井別れ」(ももいわかれ)です。

ここは急カーブの名所で、これを自動車で右折するのは至難の業ですが、実は手前に別の道で下山できるので、普通はそちらに行くのが普通です。

わざわざ、これを峠の方に向かうのはマニアくらいです。

実は、この百井別れ(ももいわかれ)よりも酷いカーブが京都に存在しています。

詳細は下の記事でどうぞ!


こちらの記事もオススメです!

今回の京都秘境ハンターは「京都にある最恐で逃げるしかない場所」にチャレンジしてきました。それは「京都の最恐府道110号」沿いにあると言います。京都府道110号線は京都の広河原と久多(くた)を結ぶ路線で「直角カーブ」のある珍しい路線なのですが、そこに本当に怖いものがあるというのです・・・・。


国道サヨクとか国道ウヨクもあるに違いない


NHKの『ドキュメント72時間』では、酷道439号を「ヨサク」と表現していました。

これは愛称みたいなものですが・・・・

ヨサクがあるなら「サヨク」と「ウヨク」もあるんじゃない?

と思いませんか?

酷道サヨク(国道349号)


国道349号(酷道サヨク)は実在しており「茨城県水戸市~宮城県柴田郡柴田町」を結ぶ路線です。

総延長は「257.4km」で、自動車でも6時間近い行程となります。

福島県のところが、かなりの酷道となっており、阿武隈川が増水すると水没することで知られています。

酷道ウヨク(国道549号)


さて、ウヨクですが、これは麻雀用語の「5(ウ)」を語呂合わせするのが普通で、国道549号を「酷道ウヨク」言えそうです。

しかし、国道というのは「507」までしかないのです。

国道439 酷道ヨサク
国道349 酷道サヨク
国道549 酷道ウヨク ※存在しません※

ということで、酷道ウヨク(国道549号)は存在しないので残念(?)ですが、実は我々は見つけました!

国道274号(酷道ふなっしー)を!(笑)

国道274号(酷道ふなっしー)


国道274号(酷道ふなっしー)は「北海道札幌市~北海道川上郡標茶町」を結ぶ路線です。

総延長は「365.8km」で、さすが北海道という長さです。

距離は全国11位の長さですが、北海道内では一番長距離の路線となっています。

では、日本で一番短い国道ってどこなのでしょうか?

日本で一番短い国道(国道174号)

実は、日本で最も短い国道というのは「国道174号」です。

神戸港~国道2号を結ぶ路線で、総延長は187.1メートルです。

酷道 語呂合わせまとめ


ということで「酷道ヨサク(439)?ならサヨクとかウヨクもあるに違いない」ですが、国道ウヨクはありませんでしたが、「国道ふなっしー」や「国道肉球」などは存在していました。

国道439 酷道ヨサク
国道349 酷道サヨク
国道549 酷道ウヨク ※存在しません※
国道274号(酷道ふなっしー)
国道299号(酷道肉球)

まだ他にもあるかもしれませんが、国道は507号までしか存在しないため、なかなか探すのは困難のようですよ!

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。