ドキュメント72時間の厨房機器専門店は「テンポス新宿店」

2020年10月23日放送の『ドキュメント72時間』で、東京・新宿にある厨房機器専門店「テンポス新宿店」が紹介されるようです。新型コロナの影響で飲食店の閉店が相次いでいますが、今をチャンスと考えて新規出店する店主も多いのです。そんな人たちが紹介されるようでした。

ドキュメント72時間の厨房機器専門店はどこ?


ドキュメント72時間の厨房機器専門店はどこ?

ドキュメント72時間の厨房機器専門店はどこ?

2020年10月23日放送の『ドキュメント72時間』の舞台はいつもと少し違う異色の現場が舞台になっていました。

それが・・・・

厨房機器専門店

です。

予告では厨房機器専門店に来る飲食店主に焦点を当て、新型コロナが蔓延する中で店主達はどのような思いで厨房機器専門店にやってくるのかを紹介するようです。

とある店主は新しく開業するお店の機材を探すため、またある店主は店を閉めるために厨房機器を売りにくる為。

新型コロナが蔓延する中で、飲食店主達の様々な思いが錯綜しそうで気になる回のようです。

厨房機器専門店は面白い

厨房機器専門店は面白い

私も普段から飲食店の店主にアドバイザーで呼ばれて京都の「厨房機器専門店」いわゆる「テンポス」に行くことが多いです。

ラーメンの寸胴、業務用のガスコンロ、中古の食器などなど・・・・

見ているだけでも飽きないし、お店のイメージにあった食器などを大量の商品の中から探すのは宝探しに似た楽しさがあります。

では、2020年10月23日放送の『ドキュメント72時間』で舞台となる厨房機器専門店はどこにある何というお店なのでしょうか?

実は・・・・

テンポス新宿店

です。

テンポス新宿店

2020年10月23日放送の『ドキュメント72時間』の予告では、大型の業務用冷蔵庫や中古食器に調理器具が大量に並ぶお店が映っていました。

店名も場所も一切すべて告知されていません。

でも、その映像を見ただけでなんか懐かしい雰囲気です。

というのも、長いこと新宿区早稲田に住んでいたので、映像に映るお店が「テンポス新宿店」だと分かりました。

大学の近くとか戸山の近くとかで住んでいたので、箱根山通りから戸山の団地(戸山ハイム)を抜けたところにある同店に見覚えがあったのです。

京都でも新型コロナの影響で閉店がとても多いですね。

しかし、空いたテナントの賃料が下がってくると「今がチャンス」と新規開業を志す人も増えて、9月以降から新店も同じくらい増えています。

飲食店を開業する時の心強い味方「テンポス」にやってくる人々はどのような思いで厨房機器を見つめるのでしょうか。

とても気になる神回になりそうな予感がします。

〒162-0052 東京都新宿区戸山3丁目15−1(地図
営業時間:10時~20時
定休日:年中無休
公式サイト:https://tenposbusters.co.jp/

SNSの口コミは?

ドキュメント72時間 2020年10月23日 予告


ドキュメント72時間 2020年10月23日 予告は以下の通りです。

飲食店向けの厨(ちゅう)房機器の専門店が舞台。新型コロナが続く中、営業を再開させる店主や新たに出店するオーナーたち。どんな思いで、何を買いにやってくるのか。
飲食店向けの厨(ちゅう)房機器の専門店が舞台。冷蔵庫や調理器具、食器など9000種類をこえる。多くは中古品で求めやすく、新型コロナが続く中でも、店主たちがやってくる。デリバリーに活路を求める居酒屋の店主。夢だったカフェレストランに挑む夫婦。一方、閉店する店から調理器具の買い取り依頼も絶えない。困難に見舞われている飲食業界。店主たちは今どんな思いで、何を買いにやってくるのか。3日間、耳を傾ける。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。