さくらの山公園 @成田空港の飛行機を見上げる公園『ドキュメント72時間』で紹介

成田空港の飛行機を見上げる公園「さくらの山公園」が2018年4月6日放送の『ドキュメント72時間』で紹介されるそうです。成田空港の滑走路北西にある大きな高台の公園で、滑走路を見下ろす感じで一望できる場所です。離着陸する飛行機を近い時には100メートルくらいで見られる撮影スポットです。千葉に住んでいた時にはまだ公園とかなかったのですが、今は整備されて観光スポットになっています。

さくらの山公園には、道の駅も最近できて、今や人が集まる人気スポットです。

広告

成田空港の飛行機を見上げる公園『ドキュメント72時間』で紹介


千葉県成田市にある成田空港に発着する飛行機が間近に見える公園

千葉県成田市にある成田空港に発着する飛行機が間近に見える公園

2018年4月6日放送の『ドキュメント72時間』の予告を見ていたところ、千葉県成田市にある成田空港に発着する飛行機が間近に見える公園が舞台と予告されていました。

もう20年近く前ですが、成田市の近郊に数年ほど住んでいたがあって、成田空港までは車でよく飛行機を見に行ったものです。

では、その飛行機が間近に見える公園というのは、どこの公園なのでしょうか。

それは「さくらの山公園」という成田空港の滑走路すぐ隣にあるという観光スポットのことです。

さくらの山公園」は、ちょうど成田空港の北西滑走路端にある高台の公園になっており、着陸する飛行機が(風向きの都合によっては)100メートルくらいの距離で見られる飛行機撮影スポットです。

騒音もかなりのものなのですが、間近で飛行機が見られるということで、航空機マニアにも人気のスポットです。

そこで、72時間のロケが行われ、人々は何を思いながら飛行機を見るのかを『ドキュメント72時間』で放送することになりますが、私は単に飛行機の撮影がしたくて「きゃーきゃー」言いながら通っていた記憶があります。

当時はマニアくらいしか来ない場所でしたが、今は公園も整備されて成田市民の憩いのスポットになっています。

そこで、昔のご近所さんたちが何を思って飛行機を眺めるのか、放送が楽しみです。

さくらの山公園 への行き方(アクセス方法)


飛行機が見られる成田空港近くの「さくらの山公園」

飛行機が見られる成田空港近くの「さくらの山公園」

この飛行機が間近で見られる「さくらの山公園」への行き方ですが、当時は車で行くことばかりでした。

京成本線沿線上に住んでいたので、電車でも行けそうではありますが「東成田駅」から歩くわけにも行かないので、自動車で行くのが一番です。

平成27年3月26日に「空の駅 さくら館」もオープンしているので、駐車場に直売所やレストランもあって便利になっています。

千葉県成田市駒井野1338−1
URL:https://www.city.narita.chiba.jp/shisetsu/page000095.html

ドキュメント72時間 2018年4月6日 予告


ドキュメント72時間 2018年4月6日 予告は以下の通りです。

成田空港を発着する飛行機が間近に見える公園が舞台。世界各地へと飛んでいく飛行機に、人は自分の人生を重ね合わせる。大空を見上げる人たちに耳を傾ける3日間。
春、旅立ちの季節。成田空港を発着する飛行機が間近に見える「さくらの山公園」が舞台。風向きによっては、機体までの距離およそ100メートル。迫力の姿を見ようと、多い時で1日数百人がここを訪れる。大空を見上げながら、新婚旅行の思い出を語る夫婦。全国を飛び回っていた現役時代を思い出す男性。世界各地へと飛んでいく飛行機に、人は自分の人生を重ね合わせる。3月の公園で、大空を見上げる人たちの声に耳を傾けた。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。