伝説のゲーセン ミカド @高田馬場が『ドキュメント72時間』で紹介

高田馬場にある伝説のゲーセンが『ドキュメント72時間』で紹介されます。ミカドというJR山手線「高田馬場駅」西口にあるゲームセンターなのですが、20年以上前からゲーマーが集まるようなゲーセンでした。正確には「高田馬場ゲーセン ミカド in オアシスプラザ」と言い、2014年頃からテレビなどで紹介され「伝説のゲーセン」と呼ばれています。

大学生の時にラーメン食べて、このゲーセン「ミカド」を覗いて帰るということをしていた日々もありましたので懐かしいです。

広告

高田馬場にある伝説のゲーセンが『ドキュメント72時間』で紹介


伝説のゲーセンがある東京・高田馬場(写真は早稲田大学側)

伝説のゲーセンがある東京・高田馬場(写真は早稲田大学側)

2018年2月2日放送の『ドキュメント72時間』は知る人ぞ知る「伝説のゲーセン」が舞台になっていました。

それが「高田馬場ゲーセン ミカド in オアシスプラザ」です。

このゲーセンですが、私が学生時代からあったゲーセンで、その当時でも10年以上前の古い筐体ゲームがあることで知られていましたが「伝説のゲーセン」とは呼ばれてはいなかったと思います。

2014年頃にテレビなどで「格闘ゲームの聖地」ということで紹介されたりするなどして、そのころから「伝説のゲーセン」と呼ばれていたようです。

ここが有名になったのはアクションゲーム「雷電」が揃っていたというのが最初だったと思いますが、今でも「初代雷電雷電DX」があるというゲームセンターで、そういったことから「伝説のゲーセン」と呼ばれるようになっていきました。

他にも1980年代に流行った大型筐体ゲームもあります。

例えば「アウトランスペースハリアー」といった動く筐体の先駆けとなったゲームが今でも稼働していたり、他にもこの時代の「初代グラディウス」などもあったりと、ちょうど40歳以上のゲーム大好き世代が遊んでいたゲームが揃っているのも「伝説のゲーセン ミカド」の特徴です。

・初代雷電
・雷電Ⅱ
・雷電DX
・初代グラディウス
・ダライアス外伝
・アウトラン
・スペースハリアー

高田馬場ゲーセン ミカド in オアシスプラザ

この高田馬場ゲーセン「ミカド」は、山手線「高田馬場駅」西口側の線路沿いを南に行くとあるゲーセンです。

学生時代は、この付近でラーメンをよく食べていたのですが、その時に「ミカド」にも立ち寄ったりしていました。

毎週楽しみにしている『ドキュメント72時間』で、たまに行っていた場所が紹介されるということで楽しみですが、今でも30年以上前のゲームが稼働しているお店ということで興味深い放送になりそうです。

この高田馬場の「ミカド」さんはゲーマーが集まる場所なのですが、京都だと京都駅南にある「辻商店」がそんな場所だったりしますね。

東京都新宿区高田馬場4丁目5−10
営業時間:10時~24時
定休日:不定休
URL:http://mi-ka-do.net/

伝説のゲーセン ミカド Twitterの口コミや感想

ドキュメント72時間 2018年2月2日 予告


ドキュメント72時間 2018年2月2日 予告は以下の通りです。

東京・高田馬場に「ゲーマーの聖地」と呼ばれるゲームセンターがある。平日で500人、休日には1000人ものゲーム好きが訪れる。目を引くのが、ずらりと並んだ格闘ゲーム。見ず知らずの者同士が熱いバトルを繰り広げ、店内には不思議な連帯感も生まれている。「勝った・負けた」を実感したいというサラリーマン。「年齢・性別を超えた真剣勝負がたまらない」と語る女性。ゲーマーたちの知られざる戦いを追う3日間。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。