勝手踏切 京都府宇治市にある勝手踏切 JR奈良線

Sponsored Link

勝手踏切(京都府宇治市)が、5/25朝の『白熱ライブ ビビット』で紹介されていました。「勝手踏切」というのは、線路を横断するための通路ですが、正式な踏切ではなく、私有地などから入れたり、踏切もないのに道路が横断していたりとかする場所のことです。

JR奈良線にはこのような場所がいくつかあります。

勝手踏切 京都府宇治市にある勝手踏切


京都府宇治市にある「勝手踏切」

京都府宇治市にある「勝手踏切」

5/25朝の『ビビット』で、京都府宇治市にある「勝手踏切」を紹介していました。

「勝手踏切」というのは、線路を横断するための通路ですが、正式な踏切ではなく、私有地などから入れたり、踏切もないのに道路が横断していたりとかする場所のことです。

JR奈良線にはこのような場所がいくつかあり、テレビではフェンスがある場所を取材していましたが、フェンスすらない、むしろ渡ること前提(?)で階段などがついている場所すらあります。

下の地図は、1キロほどの間に4カ所の「勝手踏切」が確認できます。

昔から墓地に行く裏道的な存在


昔から墓地に行く裏道的な存在

昔から墓地に行く裏道的な存在

テレビでは地元の「西方寺」の住職さんが案内していましたが、昔から墓地に行く裏道的な存在であったといいます。

確かに、このあたりはお寺も多く、上の写真のように墓地の脇道を通っています。

それが今は「勝手踏切」として、地域の方が日常的に使っているということです。

近隣住民の一部は反対するも・・・・

近隣住民の一部は反対するも・・・・

近隣住民の一部は反対するも、新たに踏み切りを設置するのは法律上できないとのことで、JR西日本では封鎖を予定しているとのことでした。

気持ちはわかりますが、実際に見に行ったところ、あまりにも危険な場所であることがわかります。

2016/7/28に閉鎖完了


2016/7/28に閉鎖完了

2016/7/28に閉鎖完了

この勝手踏切ですが、7/28に閉鎖が完了して通れなくなりました。

鉄製の網でガードされており、きっちりとネジで固定されています。

きっちりとネジで固定

きっちりとネジで固定

数分に一度は電車が通ります。

数分に一度は電車が通ります。

数分に一度は電車が通る場所で、いくら不便といえど、これは閉鎖されて当たり前でしょう。

JRが代替策を用意する必要性もなく、近隣住民は迂回して踏み切りを使えば良いだけの話です。

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Sponsored Link


【抹茶スイーツ】京都宇治抹茶もんぶらん2ヶ入り

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。