須磨浦カーレーター 日本で一番乗り心地の悪い乗り物 神戸

Sponsored Link

神戸には「カーレーター」という不思議な乗り物があることは、あまり知られていません。須磨区の須磨浦山上遊園にある乗り物なのですが、桜の名所としても知られており、大阪湾を一望できる絶景スポットでもあります。そこにその「カーレーター」はあると言います。

「カーレーター」って、どんな乗り物なのでしょうか?

日本一 乗り心地の悪い乗り物


2016-03-31_202553

兵庫県の神戸市須磨区には、須磨浦山があって大阪湾を一望できる展望台などのある「須磨浦山上遊園」という施設があります。今の時期は、ちょうど桜の季節ということで、八重桜とソメイヨシノに山桜とシダレザクラがちょうどキレイになっている頃です。

しかし、ここになにやら「カーレーター」という不思議な乗り物があることは、あまり知られていません。

それも「日本で一番乗り心地が悪い」と評判になっています。

この「カーレーター」とはいったい何なのでしょうか?

須磨浦カーレーター

須磨浦カーレーターというのは、神戸市にある「須磨浦山上遊園」の展望台まで上がるロープウェイとロープウェイをつなぐ、長さ91メートルしかないリフトのことです。

須磨浦山上遊園にある「須磨浦ロープウェイ」は、「須磨浦公園~鉢伏山上」間と「せっつ駅~はりま」間の2路線あるのですが、その「鉢伏山上~せっつ駅」のたった91メートルをつなぐリフトなのです。

徒歩で3分、距離にして180メートルの区間ですが、そこに全長91メートル(所要時間2分20秒)のカーレーターがあるのです。

料金は、片道200円(往復300円)と高いのか安いのかよく分からないのですが、昭和41年に作られており、ガタガタ揺れまくるということで「乗り心地が最高に悪い」ことで知られています。

ですが、これウケてちまたで話題になっていたりもします。

須磨浦山上遊園の行き方

須磨浦山上遊園は、大阪湾を一望できるという観光スポットで、今の時期だと桜が咲いてキレイな絶景を眺めることができます。

特に、カーレーターを降りてすぐにある「須磨浦回転展望閣」から湾を眺める景色は絶景と評されています。

最寄り駅は、山陽電鉄本線「須磨浦公園駅」です。降りてすぐにロープウェイがあります。

兵庫県神戸市須磨区西須磨
URL:http://www.sumaura-yuen.jp/

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。