京都の無鉄砲さんがオーナー店長を募集 有吉ジャポン

Sponsored Link

京都でも一番有名かもしれないというラーメン店が「無鉄砲」さんです。京都といってもほぼ奈良ですが、木津の住宅街の近くにある濃厚豚骨ラーメンのお店です。その赤迫重之社長が『有吉ジャポン』に出演するという話です。

どんな内容になるのでしょうか?

京都の濃厚豚骨ラーメン「無鉄砲」が『有吉ジャポン』で紹介


2016-04-01_195854

京都に本店があるラーメン店「無鉄砲」さんが、2016/4/1に放送される『有吉ジャポン』に出演されるそうです。

無鉄砲」さんというのは、京都府木津川市にあるラーメン店なのですが、場所的にはもう奈良で、結構山の方で自然の残っているところです。

2016-04-01_195728

私もだいぶ前に「無鉄砲 京都本店」さんまでバイクでエッチラオッチラと出かけたことがあるし、地元のラーメン店が紹介されるということで、放送に期待しつつです。

企画は、新しくリニューアルをする『無鉄砲』の支店のオーナー店長を面接で決めるという内容で、応募が100名あった中からオーナー店長の座につけるのは誰か?という企画になっていました。

しかし、どこの店舗か一切書かれていません。

オーナー店長を募集するところがイマイチよく分からない内容ですが、これはどこのお店なのでしょうか?

無極(東京都中野区)のオーナ店長の募集だった件

無鉄砲」さんの公式サイトで、昨年12/25に募集告知が出ていました。そこに「無極(東京都中野区)」のオーナー店長を募集することが書かれていました。

今年の2/28に応募締め切りだったので、すでに面接などが行われて、4/1に放送という流れです。

お店は環七沿いにあるお店で、つけ麺専門店の店舗です。最寄り駅は「野方駅」ですね。

独自の公式サイトがあって、そこに美味しそうなつけ麺が掲載されているのですが、ほとんど更新されていません。

東京都中野区丸山2丁目1−1
営業時間:11時~15時、17時~21時(土日祝は通し営業)
定休日:月曜
URL:http://www.mushin-tsukemen.com/

京都の無鉄砲ってどんなお店?

京都の「無鉄砲 本店」さんというと、京都でも人気のあるラーメン店のひとつです。

事前に調べてみると、山小屋ロッジ風の建物だったので、木津あたりの山の風景の良い場所にあるんだろうなーと思いながら行ったら、住宅地にあったというお店です。

すぐ近くには広くてキレイな大型分譲住宅地があり、病院や学校に大きな道路が印象的な街です。

大きなショッピングセンターがないのと木津駅まで結構遠いので、通勤とか大変そうです。

2016-04-01_195614

スープは、ドロドロ系の濃厚豚骨で背脂を乗せると脂の濃厚さがクリーミーに際立つラーメンです。背脂がすごい白いのが印象的でした。

私はどうも年のせいもあって、脂っこい濃厚なラーメンが合わなくなってきていたので、食べるのが大変でした。結構独特な味のする濃厚さですが、ストレートにいうと豚臭いラーメンです。でも、たまに食べたくなるんですよね(笑)

京都府木津川市梅谷髯谷15−3
営業時間:11時~15時、18時~23時
定休日:月曜
URL:http://www.muteppou.com/

有吉ジャポン 4/1 予告


有吉ジャポン 4/1 予告は以下のとおりです。

超人気濃厚豚骨ラーメン店『無鉄砲』の赤迫重之社長がリニューアルオープンする新店舗のオーナー店長を求め、強烈面接を実施!応募者100人超!成り上がるのは誰だ!?
今夜「成り上がりジャポン」第2弾始動!!立ち上がったのは、濃厚豚骨ラーメンで人気の「無鉄砲グループ」代表の赤迫重之社長。今年リニューアルオープンする店舗のオーナー店長を求め超シビア面接!ラーメンドリームを追いかけ応募者100人超!予測不能な展開の連発に有吉、吉村絶叫!

他にもたくさん「京都ラーメン店情報」がありますのでご覧ください。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。