ハバノリ@熱海多賀温泉 源泉蒸しが相葉マナブで紹介されます

Sponsored Link

2/28放送『相葉マナブ』で「熱海の旬」とし「わかめしゃぶしゃぶ」に「ハバノリ」や「源泉蒸し」が紹介されます。「熱海の旬を学べ!食べつくし編」とのことです。

ちょうど今が旬のものばかりですが「ハバノリ」はもう遅い感じがしないでもありません。

ハバノリ 熱海の冬の旬


2016-02-28_160152

ハバノリが熱海の冬の旬として、2/28放送『相葉マナブ』で紹介されます。

「熱海の旬を学べ!食べつくし編」とのことで、他にも「わかめのしゃぶしゃぶ」と「源泉蒸し」などが紹介されるようです。

たぶん、熱海市の「多賀温泉」ですね。

Sponsored Link


三年熟成 沢庵

ハバノリ

白米とかウドンに、たまに堅いワカメが細切れで入っていることありますが、それ「はばのり」です。

千葉の一部地域では、ハバノリをお正月のお雑煮に入れる地域があって、株式会社守屋さんから「千葉のお雑煮トッピング」という清々しい商品名で売られていたりします。

ただ、通販では売り切れ状態で売られていません

わかめのしゃぶしゃぶ

ちょうど、2月~3月にかけては熱海市で「ワカメのしゃぶしゃぶ」などの、ワカメを使った料理やイベントが活発になってきます。

熱海だと「多賀温泉」で絶賛PR中の料理です。

ワカメをお湯につけると超キレイな緑色に変わるんです。

とはいえ、これ全国的にあるものなので、多賀温泉名物というわけでもありません(笑)

東北の岩手と宮城で、全国出荷の50%を占めていますし、今の時期は結構他でも「わかめまつり」をやっています。

わかめのしゃぶしゃぶ 通販


通販なんかだと「湯通し」したものばかりです。生って書いてあっても湯通ししたものでが多いので、色が変わるのが見たい場合は、次で紹介する「本当の生わかめ」を買った方が良いです。

Sponsored Link


岩手県産 北三陸・洋野町の超肉厚天然生わかめ 100g×5袋(塩蔵)送料無料

本当の生わかめ

Sponsored Link


新物!今が旬!三陸産早採り生ワカメしゃぶしゃぶ用に最適!4〜6人前

探せば、湯通ししていない本当の生わかめも通販できます。緑色ではなく茶色が本来の色です。

こういったものなら、自分でしゃぶしゃぶにすると、鮮やかな緑色になるワカメの姿を見ることができるようになります。

今の時期のワカメは、大変やわらかいので、こういう「しゃぶしゃぶ料理」などで、ポン酢で食べると美味しいんです。

Sponsored Link


淡路産天然生ワカメ300g入り未加工品(生わかめ)

伊豆多賀温泉 第31回わかめまつり

「わかめしゃぶしゃぶ」や「生わかめ」は、熱海市の多賀温泉で、3月にイベントがありますので、そこでも入手可能です。

2016年は3月5日と6日の二日間で「伊豆多賀温泉 第31回わかめまつり」が開催されます。

生わかめの詰め放題
わかめのみそ汁
メカブの無料試食

生わかめも販売されており、700gで500円と激安です。

わかめまつりは、9:30~15時まで、長浜海浜公園イベント広場で開催されます。

URL:http://e-sites.jp/web/taga_pc/

源泉蒸し


Sponsored Link


熱海温泉ホテル 夢いろは 温泉蒸し

2/28放送『相葉マナブ』では、熱海の「源泉蒸し」も紹介されるのですが、熱海の各ホテルでは「源泉蒸し」とか「温泉蒸し」という料理が宿泊プランにあります。

まぁ、温泉蒸しも全国どこにでもありますが(笑)

熱海温泉 源泉の宿ホテル松風苑
熱海温泉ホテル 夢いろは

相葉マナブ 2/28 予告


相葉マナブ 2/28 予告は以下の通りです。

相葉マナブ『熱海の旬を学べ!食べつくし編』今しか獲れない絶品貴重食材を収穫
海の幸山の幸、豊かな恵みが揃う熱海。達人おすすめ“わかめのしゃぶしゃぶ”温泉の蒸気を利用して蒸す“源泉蒸し”で新鮮な“アワビ”や冬の食材たちを頂いちゃいます!

ほかにもたくさんの「嵐」関連記事があります!

その他の「相葉マナブ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。