動物ぽんぽん 制作ノウハウを書籍化

Sponsored Link

動物ぽんぽんが先週から、なにかと話題になっており、テレビなどでも紹介されています。trikotriさんという方がハンドメイド大賞を受賞した「動物の毛糸玉」の制作ノウハウを書籍化しており、制作キットも売られています。

その、動物ぽんぽんとは、どんなものなのでしょうか?

最新情報:10/15放送『スマステ』でも紹介されました。

動物ぽんぽん

毛糸で作る 切り玉の動物版の話題が、最近のワイドショーで取り上げられていました。

リスとかフクロウのミニチュアなのですが、「本物?」とか思ったら、毛糸でつくったものでした。

これ、本とキットの両方が売られています。

【解説本】動物ぽんぽん(売り切れの場合はこちら
【制作キット】森の動物たちのぽんぽんブローチ

毛糸玉の動物版


Sponsored Link


動物ぽんぽん [ trikotri ]

色のついた毛糸を起毛させて、形を針で整えてつくる「毛糸玉」というものがありますが、それの動物版とも言えるものです。

アイデアとしては、これまでもあったものですが、今回注目されているのは、その緻密さです。

かなり精密に色をつけていくと、本物の動物みたいな毛糸玉になるそうです。

制作キット 森の動物たちのぽんぽんブローチ

動物ぽんぽん」は解説書になっていますが、制作キットもあって「森の動物たちのぽんぽんブローチ」ひとつの購入で、2個の動物がつくれるようになっています。

バージョンも「うさぎ」と「リス」があります。

Sponsored Link


クラフト 紐・コード手芸 ぽんぽんブローチキット シマリス 動物ぽんぽん 黒田翼さんのキットです

キットの中身


Sponsored Link


クラフト 紐・コード手芸 ぽんぽんブローチキット うさぎ 動物ぽんぽん 黒田翼さんのキットです。

書籍は「trikotri」さんという方なのですが、この制作キットも同じ「trikotri」さん監修です。名前が本名になっているだけみたいです。

1キットで、2個のバッチが制作できるようになっています。

毛糸
フェルト
ブローチ用のバッチ

キットといっても入っているのは材料だけで、これ以外にも自分でそろえるものがあります。

ポンポンメーカー(毛糸巻き)
裁縫用具
つまようじ
洗濯ばさみ
フェルティン針

テレビでは、毛糸というか「色のついた綿」と「専用針」のキットを使っていましたが、綿とフェルティン針があれば、できそうな感じです。

最初に本を買って、それから材料などを探した方がいいですね(笑)

ワイドショーで紹介

ワイドショーでもレポーターが作っていたのですが、意外ときちんとできていました。

私には無理そう」と最初からあきらめ気味でしたが、作ってみると意外になかなかな結果というのも面白いところです。

意外にちゃんとできるらしい

発売されている書籍の解説がわかりやすいので、やってみると意外とできちゃうもののようです。

これ、ノウハウが一番重要なので、解説を見るのが一番大事ですね。

Sponsored Link


動物ぽんぽん [ trikotri ]

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。