映画 デスノート2016 東出昌大 松山ケンイチ 12/14 神戸・元町 撮影ロケ

Sponsored Link

映画デスノート2016』の撮影ロケが12/14 19時過ぎから目撃情報が出ています。場所は神戸・元町の元町商店街です。21時でも目撃情報が出ていました。東出昌大さんと松山ケンイチさんがいるようなのですが、松山ケンイチさんは前作にも出ていたので連続出演でしょうか?

とりあえず速報します。

追記:12/15は東京・御茶ノ水駅で松山ケンイチさんが目撃されています。

追記2:2016年2月5日に公式発表でキャストが公開されました。(追記はこちら

追記3:2016年2月24日に朝の情報番組『ZIP』で神戸の撮影の様子が公開されました。(追記はこちら

実写版キングダム 山﨑賢人 中国 上海 撮影ロケ 魏哲鸣

映画 デスノート2016 東出昌大 松山ケンイチ 12/14 神戸・元町 撮影ロケ

12/14 21時頃に映画『デスノート』の撮影ロケが目撃されています。時間は19時以降からのようです。

実際に『デスノート』なのかは不明なのですが、目撃情報では『デスノート』で一致しており、エキストラ募集もあったとのことです。

ということは、窪田正孝さんのドラマ版で告知された例の映画版でしょうか?

東出昌大さん
マツケン(松平健さん?松山ケンイチさん?)
山本美月さん

目撃情報は3名出ています。東出昌大さんとマツケンとありますが、デスノートだったら松山ケンイチさんですよね?たぶん。あと、山本美月さんですが、あんま評判良くないので大丈夫かと心配です。

東出昌大さんかは写真からは分かりづらいのですが、キャラ的にはライト役ではなさそうです。元々、ライトの遺伝子を継いだという設定の主人公が出るのですが、格好を見ると新探偵役っぽい感じにも見えて、どっちの役を東出さんがするのかは不明です。

場所は、なんと神戸の元町商店街です。元町駅の近くで、大丸のところとありますが、画像解析システム「hi-ma」によれば元町商店街で間違いありません。

元町郵便局浜焼きBBQ超世界(新世界ではなひ)のある路地と、アーケードの中で目撃されています。

ちなみに関係ないですが、ドラマ版のライト役である窪田正孝さんは12/14の昼に新ドラマ『火村英生の推理』の撮影ロケをしていました。

兵庫県神戸市中央区元町通1丁目8−13

兵庫県神戸市中央区元町通1丁目4−11

12/15の朝まで撮影、その日も夜撮影あり


12/14の『デスノート2016』撮影ロケは朝6時まであったようですが、12/15も昼間から撮影している話も出ていました。

夜23時頃でも目撃されており、また明け方まで撮影が行われるようです。

元町商店街で撮影していたようですが、パチンコかスロットのある路地なども利用されているようでした。

2016年2月5日 キャスト解禁 東出昌大 池松壮亮 菅田将暉


2016年2月5日に公式発表でキャストが公開されました。

デスノートを封じる男=池松壮亮さん!(Lの遺伝子を継ぐ“竜崎”
デスノートを追う男=東出昌大さん!(デスノート対策本部エース“三島”
デスノートを制する男=菅田将暉さん!(キラ復活を目論む“紫苑”

ということで、肝心のデスノートを使う役は、まさかの松山ケンイチさんでしょうか? というか、本当に松山ケンイチさんは目撃されたのでしょうか?

目撃情報の「松山ケンイチ」というのは「池松壮亮」と見間違えとかいうオチでしょうか?

争奪戦と言うことで、役どころがいまいちわかりづらいのですが、2016年秋公開とのことで、もう少し詳しい内容はまだ先になりそうです。

2016年2月24日 神戸での撮影の様子が公開


2016年2月24日に朝の情報番組『ZIP』で神戸の撮影の様子が公開されました。

エキストラが多かったことはすでに分かっていましたが、500人も動員する大がかりな撮影だったとのことです。

他にも『デスノート』の記事はたくさんあります。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。