湯葉食べ放題 東洋のナイアガラ ららん藤岡 群馬 バスツアー

Sponsored Link

10/31朝放送『朝だ!生です旅サラダ』は群馬県への「バスツアー」の様子が紹介され、東洋のナイアガラと言われる「吹割の滝」や手作り湯葉食べ放題のお店「ゆば処 町田屋」さんなどが紹介されます。また、明治四十年創業の造り酒屋「譽國光」(ほまれこっこう、土田酒造)の大吟醸ソフトなどが紹介されます。

この「バスツアー」は、関東の好きな道の駅で5年連続一位になっている「ららん藤岡」でショッピングなども楽しめるツアーになっています。

※実際の放送では「H.I.S」のツアーでした。

バスツアー


10/31朝放送『朝だ!生です旅サラダ』では、群馬観光を観光する「バスツアー」が紹介されます。

はとバス公式サイトのコースナンバー「H205」と「P291」系統などのツアーに、同じ群馬を観光できるツアーがあります。

H205 とろけるおいしさ♪トロゆば体験&イチゴ狩りとプカプカかわいいリンゴ温泉
P291 紅葉の定番!家康公四百年祭の日光紅葉散歩&錦秋のいろは坂・金精峠ドライブ

日帰りだと9000円程度。一泊コースでは2万円台で、食べ放題昼食や観光などがついているので、ずいぶんと楽しめるコースになっています。

Sponsored Link


はとバスツアー

ららん藤岡 関東の好きな道の駅で5年連続一位

関東の好きな道の駅で5年連続一位という超道の駅が群馬県藤岡市の「ららん藤岡」です。

はとバスのツアーでは、最初にこの「ららん藤岡」に立ち寄るコースがあり、ここでショッピングやご当地グルメを楽しむコースもあります。

「ららん藤岡」が、なぜこんなに人気があるのかというと・・・・

理由はよくわかっていません(笑)

小さい遊園地や広い広場もあり、レストランや軽食に、産直コーナーなどがある道の駅ですが、他よりも広く大きいのが特長的です。

「ガトーフェスタハラダ」のラスクが規格外品を安く売っていたり、ここでしか食べられないソフトクリームがあったりはします。

Sponsored Link


ハロウィン ギフト ハラダ ラスク ガトーフェスタハラダ ラスク ハラダ グーテデロワ グーテ・デ・ロワ R3 36枚 小缶/通販 HARADA RUSK お菓子 お礼 お祝い 贈り物 内祝い ハロウィン ハロウィン ハロウィン ハロウィン ギフト ギフト ギフト【1万円以上で送料無料】

群馬県藤岡市中1131-8
URL:http://www.laranfujioka.com/index.html

生ゆば処 町田屋 手作り湯葉食べ放題

今回紹介される「はとバスツアー」では、日光ロマンチック街道沿いにある手作り湯葉食べ放題のお店「生ゆば処 町田屋」さんで生湯葉食べ放題も紹介されます。

湯葉製造工場の湯葉づくり体験を学びながら、できたての湯葉を食べることができます。他にも、湯葉寿司や揚げゆばの試食があって食べ放題(ドリンク付)になっています。

ツアー以外でも体験可能(完全予約制)で、お値段は500円です。

ちなみに、昼食も別途食べ放題で行くので、食べ過ぎに注意です。

群馬県沼田市白沢町上古語父176−1
営業時間:10時~17:30
定休日:無休
URL:http://machidaya.sakura.ne.jp/

吹割の滝 東洋のナイアガラ

吹割の滝東洋のナイアガラという異名を持つように、大きな滝つぼに川が流れ込んでいる場所です。

天然記念物にも指定されており、日本の滝百選にも名を連ねる有名な滝です。

滝つぼの近くまで行って迫力ある写真を撮影することもできます。

ツアーコースによっては、ここを見学するものもあります。

明治四十年創業の造り酒屋 譽國光(ほまれこっこう)


Sponsored Link


【送料無料】誉国光 限定飲み比べ 720mlセット

譽國光(ほまれこっこう)とは、群馬県の酒蔵元で土田酒造さんのことです。創業明治40年という老舗で、関東名水百選に選ばれた水を使った清酒をつくっています。

きき酒無料、酒蔵見学無料なので、今回のバスツアーにも含まれています。

ペットボトルを持っていけば、この霊峰・武尊(ほたか)山の伏流水を持ち帰ることもできます。

群馬県利根郡川場村大字川場湯原2691
URL:http://www.homare.biz/sightseeing-guide/

他にもたくさん『旅サラダ』の関連記事がありますよ。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。