キスマイ宮田俊哉 京都・四条河原町で凛ちゃんカレー食べたはずどすえ

Sponsored Link

10/23に京都の四条河原町にキスマイ宮田俊哉(Kis-My-Ft2)さんがいたと、10/24の夜から話題になっています。ある写真が出回っており「四条河原町」であると言われています。そこで、我々は場所特定を試みたところ、ものすごい事実が浮かび上がってきました。なんと、キスマイ宮田俊哉さんがいたのは「ラブライバーの聖地」だったのです!

ちなみに、その「ラブライバーの聖地」が京都・四条河原町にあると最初に記事にしたのは、当ブログ「お墨付き!」です。

ということは、キスマイ宮田俊哉さんは、当ブログ『お墨付き!』の愛読者様だという推測が成り立つわけです!

今回はそんな茶番記事です(笑)

追記:和歌山の「まとめまとめ」というサイトに記事の趣旨と内容が転用されているのを確認していますが、該当サイトとは一切無関係であり、当ブログ「お墨付き!」がオリジナル記事となります。記事の転用についてはこちらをご一読ください。

キスマイ宮田 10/23 京都・四条河原町 記念撮影


10/2と10/9にキスマイ宮田俊哉さんが京都で目撃されている話がありましたが、10/24もなにやらソワソワしたTweetが散見されていました。

この写真は、どうやら10/23のようなのですが、これが出回っており、背景が京都ということで、10/24深夜からザワザワしています。

ちなみに、この背景の場所は「四条河原町」だと言われています。

10/9も京都の「新京極のアニメイト」で目撃されているのですが、それも四条河原町です。

とはいえ、「四条河原町」といっても広いわけです。

で、これはどこなの?

という話になるわけです。

キスマイ宮田俊哉 10/23 京都 凛ちゃんカレー 食べたはずどすえ

で、この10/23にキスマイ宮田俊哉さんがいたのはどこという話なのですが・・・・

実はここは・・・・

凛ちゃんカレーの前なのです!

凛ちゃんカレーとは、2014年11月27日にこの「お墨付き!」がネット最速で記事にした京都のカレー屋さんなのですが、我々は盛りに盛って「河原町に新しいラブライバーの聖地ができるぞぉぉぉぉ!!!!」と記事にしたのです。

【凛ちゃんカレー】12/1「凛ちゃんカレー」という新しいラブライバーの聖地が京都河原町にできます(星空凛、ラブライブ?)

ちなみに、場所としては「ファミリーマート 河原町蛸薬師店」のちょっと南の横断歩道から、さらに2メートルほど南のところです。

で、キスマイ宮田さんといえば、大の「ラブライブ・おたく」です。

ということで、絶対に「キスマイ宮田俊哉さんは凛ちゃんカレーに行っている」と我々は勝手に断言したいと思います。

キスマイ Kis-My-Ft2 宮田俊哉 京都でオタク・スマホを激写される

10/2 京都 キスマイ宮田俊哉 撮影か?子連れ信兵衛?

キスマイ宮田俊哉さんは我々の記事を読んでくれたのかもしれないと妄想


ということで、大のラブライブファンのキスマイ宮田俊哉さんが四条河原町で撮影していたのが、凛ちゃんカレーの前だったというだけで、我々は「キスマイ宮田俊哉さんが凛ちゃんカレーを食べた」と大騒ぎして、さらにキスマイ宮田俊哉さんは我々の記事を読んでいる愛読者様だと大々的に吹聴する記事です(笑)

本当に「凛ちゃんカレー」に入って食べたかは知りません(笑)(お店の前というのは本当です)

キスマイの関連記事は他にもあります。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

「まとめまとめ」というサイトに記事概要が転用されている件


2015年10月頃から、和歌山県の「まとめまとめ」というサイトに記事概要が転用されているのを確認しています。

転用されているのは、記事の趣旨だけ、もしくは記事の趣旨と概要文です。

「お墨付き!」とは一切無関係です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。