仁淀ブルー(によどぶるー)の高知県に観光客がたくさん!

Sponsored Link

仁淀ブルー(によどぶるー)は高知県にある「仁淀川」という水質日本一の川でみられる絶景のことです。この仁淀ブルーが見られるのは仁淀川上流水域で「安居渓谷・にこ渕・中津渓谷」などで見ることができます。こ

ただし、8月後半~1月中旬くらいまでしかブルーに見えないので注意が必要です。

仁淀ブルー(によどぶるー)

仁淀ブルーとは高知県にある「安居渓谷」や「にこ渕」で見られる「仁淀川(によどがわ)」水系上流の透き通るようなブルーの水源のことです。

日本一美しい川 3年連続(平成22~25)で水質ランキング一位

と評される川には、観光客が殺到していると言います。

仁淀ブルーが拝める場所のひとつが「安居渓谷」で、原生林と渓流の残る絶景地となっています。

もうひとつが、滝壺の「にこ渕」になります。

滝壺 にこ渕

安居渓谷から車で1時間ほどのところにある滝つぼ「にこ渕」も、この仁淀ブルーが堪能できる場所として多くの観光客やカメラマンなどが訪れる場所です。

「高知県吾川郡いの町」という場所にあるのですが、仁淀川支流で上八川川(かみやかわがわ)上流にあります。

ここには滝つぼがあって、一番きれいな仁淀ブルーが見られる場所として知られています。

中津渓谷

安居渓谷から車で20分くらいのところにある仁淀川上流域にあるのが「中津渓谷」です。

こちらも絶景が楽しめる温泉施設で「仁淀ブルー」観光の拠点にすることができます。

ここには「中津渓谷ゆの森」という大きな宿もあるし、町中にも近いので、宿泊拠点として便利です。

また「中津渓谷ゆの森温泉」という日帰り温泉(650円)もありますよ。(アルカリ性単純硫黄冷鉱泉)

高知県吾川郡仁淀川町名野川
URL:http://www.yunomori.jp/

Sponsored Link


中津渓谷ゆの森 宿泊情報

純米酒 司牡丹 仁淀ブルー(仁淀☆ブルー)


実はこの川の水でつくられた清酒「仁淀☆ブルー」という商品もあります。

仁淀川の伏流水を使った純米酒で、高知の酒蔵「司牡丹」さんの逸品です。よく知られた酒蔵さんで評判の良いお酒をつくっています。

Sponsored Link


日本酒 司牡丹 純米酒 仁淀ブルー 720ml

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。