10/5 NNNドキュメント’15 南京事件 兵士たちの遺言

Sponsored Link

10/5 深夜1:10から放送された『NNNドキュメント’15』が話題になっています。事前に公式サイトに告知なし、番組欄でも詳細な説明なしでした。

放送されたのは「しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記:南京事件 兵士たちの遺言」というものでした。

追記:10/11の再放送確定しました。

NNNドキュメント’15


2015-10-05_125003

政治担当です。

NNNドキュメント’15』は日本テレビ系のドキュメンタリーで、いわゆる読売なのですが、内容は震災・放射能・日中戦争などを扱っています。

その『NNNドキュメント’15』に、公式サイトでもまだ告知されていない番組で、テレビの番組欄でも詳細情報のなかった番組を放送したと話題です。

放送されたのは「しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記:南京事件 兵士たちの遺言」というものでした。

2015年10月4日(日) 25時10分~26時05分
ナレーター:湯浅真由美
制作:日本テレビ
URL:http://www.ntv.co.jp/document/

しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記:南京事件 兵士たちの遺言

南京陥落時にその場にいた兵士の「陣中日記」(一次資料)に書かれた真実には数万の捕虜のことが書かれ、その一部(これも数万規模)が年末の揚子江で3度にわたり機関銃の的になったことが書かれています。番組ではこの裏付けを徹底的に行い、軍の公式記録では消された事実を掘り起こすという検証作業を行った番組です。

NNNドキュメント’15』の「しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記:南京事件 兵士たちの遺言」を見られた方は少ないようですが、その内容のすごさが話題となっており再放送が期待されています。

元日本兵の日記をもとに現地取材した内容で、いままで封印されていた戦争の事実を掘り起こす迫真の内容であることから、官邸やネトウヨから圧力があるのではと言われています。

10/11 昼11時にBS日テレで再放送があるともいわれています。

10/11 昼11時にBS日テレで再放送か?


2015-10-05_124151

2015-10-05_124214

10/11 昼11時にBS日テレ(4ch)で再放送があり、そこの詳細欄は一切なにも書かれていません。

この様子だと、今回放送された「NNNドキュメント’15 南京事件 兵士たちの遺言」である可能性が大きいです。

追記:10/10頃に確認したところ、ホームページが更新されて、同番組の告知がされていました。10/11の再放送も告知されています。

2015-10-10_110628

貴重なドキュメンタリー


1900年代まではこのようなドキュメンタリーは多かったですが、小泉政権以降でだいぶ少なくなってきました。

歴史修正主義がはびこり、それに反するものにはメディアを通じた攻撃などが増加したからです。

この流れは明らかに小泉政権下で加速しています。その息子は小泉進次郎です。安保法案でもあえてテレビでほとんど出てこない小泉進次郎です。

そして時の安倍政権でも「報道は公正中立であるべきだ」とテレビ朝日や朝日新聞をあからさまに攻撃しており、ネトウヨは根拠薄く「あいつは反日」だと連日のようにネットで連呼して騒いで誰かを攻撃しています。近年の状況は異常だと言うほかありません。

私は「報道が公正中立であるべき」とは全く思いません。

報道は「事実を検証し真実を伝え批判する」存在なのです。

10/11 2回の再放送無事終了

10/11朝7時と11時の再放送は無事に終了しました。

これを見ると、最低でも捕虜を15000名。市民なども含めると2万~3万は犠牲になっていると思います。

中国共産党政府の主張する30万人は誇張しすぎですが、Twitterで「南京大虐殺」と検索すると、ネトウヨが大量に「南京大虐殺はなかった」と連呼しています。その数はものすごい量です。


石平太郎や片山さつきに日の丸をアイコンにあしらったTwitterアカウントがゾロゾロと出てきます。

以下に、それを揶揄する投稿がありましたので転載します。

その他の「政治担当」記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。