ドラマ 坊ちゃん 嵐 二宮和也 愛媛松山 松山東高校 道後温泉

Sponsored Link

嵐の二宮和也(ニノ)さん主演のドラマで夏目漱石『坊ちゃん』の撮影ロケが10月から愛媛県松山市で始まるとずいぶん前から噂になっていました。

そのため、道後温泉や松山東高校で撮影があると噂になっているのですが、これらの場所が撮影で使われる可能性は低い気もします。

また、10/1時点で撮影の話はまだ出ていません。10/1夕方には道後温泉で撮影がありますが『news every.』なので間違われそうな気がします。

追記:10/24は道後温泉古町駅で『坊ちゃん』の撮影が行われました。該当記事がありますので、左のリンクからどうぞ。

速報!10/25と10/26は広島市「みろくの里」で『坊ちゃん』の撮影ロケ

ドラマ『坊ちゃん』


ドラマ『坊ちゃん』はフジテレビの新春スペシャルドラマで放送予定となっています。

クランクインは10月で愛媛県松山市とすでに公表されていました。

そのため、嵐ファンの間では10月から「道後に嵐のニノさんがいる」とすでに伝説のように語られています。

坊ちゃんの舞台 松山東高校

坊ちゃんの主人公(名前は出てこない)は、松山の旧制中学校(松山中学)に数学の教師として赴任します。

場所は現在の「NTT四国支社」です。その後、持田町に引っ越して、戦後に「松山東高校」となります。

そのため、ここで撮影をするのではという噂になっています。

しかし、実際には噂でしかありません。

松山東高校には当時の建物の一部があるのと、「明教館」という江戸時代の藩校があります。しかし、普通の学校でしかなく、ここで撮影があるかといえば疑問が残ります。

愛媛県松山市持田町2丁目2−12
URL:http://matsuyamahigashi-h.esnet.ed.jp/cms/

坊ちゃんの舞台 道後温泉

坊ちゃんの主人公は小説の中で「住田の温泉」というところで、いろいろ悪さをします。

その舞台は「道後温泉」であるのはほぼ間違いありません。

しかし、当時の様子が残る道後温泉本館は日本有数の温泉で(西の横綱)、連日朝から観光客が行列をつくるような場所です。

そこで撮影するとも思えません。10/24に撮影ありました。

10/24朝から道後温泉本館で嵐の二宮和也(ニノ)さんが『坊っちゃん』撮影ロケ中!

なお、道後温泉本館は2017年10月頃から耐震改修工事のため入浴が出来なくなります。工期はおよそ9年です。詳しくは「道後温泉 2017年 耐震改修工事 まとめ」をご覧ください。

愛媛県松山市道後湯之町5−6
入浴料1:410円(神の湯のみ)、840円(2階広間で休憩+せんべい付)
入浴料2:1250円(神の湯と霊の湯+新殿見学+2階広間で休憩+せんべい付)
入浴料3:1550円(神の湯と霊の湯+新殿見学+3階個室で休憩+坊ちゃん団子付)
営業時間:6時~22時(入浴は1時間以内)
定休日:
URL:http://www.dogo.or.jp/pc/

坊ちゃんの舞台 愚陀仏庵と愛松亭(松山城・萬翠荘)

坊ちゃんは松山で下宿していました。

二か所ほどあるのですが「愚陀仏庵」(ぐだぶつあん)がその場所になります。

松山城の南にある「萬翠荘」の中にあり、「松山城」や「萬翠荘」での撮影ロケに注意しておくべきなのですが、「愚陀佛庵」は平成22年7月12日に土砂崩れで倒壊してしまいました。そのため、撮影は別所であろうと推測されます。

なお、「萬翠荘」は今でも大正ロマンそのまま残った素晴らしい洋館です。

もうひとつが「愛松亭」ですが、現在は石碑が残っているだけです。

こういったことを考えると「松山のどこで撮影するのん?」という気がしないでもありませんが、今後なにかありましたら書いていきますので、RSSでも登録しておいてください

愛媛県松山市一番町3丁目3−7
URL:http://www.bansuisou.org/gudabutsu/

他にも嵐の二宮和也さん主演『坊ちゃん』撮影ロケの記事ありますよ。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Sponsored Link


【送料無料】リニューアル!禁断のチーズケーキだけスイーツ福袋♪【TV雑誌で話題】【ギフト、プレゼント】(lf)

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。