笹屋昌園 京都 日本一純度の高いわらび粉のわらび餅 9/12 旅サラダ 通販

Sponsored Link

笹屋昌園(ささやしょうえん)さんが9/12放送『旅サラダ』で紹介されます。こちらは、わらび餅」などを売られている和菓子屋さんです。笹屋昌園さんは地元のお店なのですが通販も可能です。

『ちちんぷいぷい』や『月曜から夜ふかし』などのテレビで何度も紹介されているお店です。

最新情報:2016年7月9日放送『嵐にしやがれ』で「日本一純度の高いわらび粉のわらび餅」として紹介されました。絶対に京都の「茶寮宝泉」が紹介されると思いましたので、そちらを最新記事で紹介しています。

極(きわみ) 最高級本わらび餅


「笹屋昌園」さんの本わらび餅「極(きわみ)」

「笹屋昌園」さんの本わらび餅「極(きわみ)」

この笹屋昌園(ささやしょうえん)さんで売られているのが、通販ランキングで1位にもなった最高級本わらび餅「きわみ)」です。

普通のわらび餅は固形なのですが、これはトロトロのゼリー状になっています。

植物のワラビで作られた「国産わらび粉」からすべて手作りでつくられるため、少量生産となっていますが、それだけ希少なわらび餅なんです。

それを、京丹波産の「黒豆」(名産品)の京きなこで食べます。

お値段は1600円(税込み1728円)です。

Sponsored Link


【京都の和菓子】本わらび餅「極み」【ちちんぷいぷいで紹介!】【TVで話題】【笹屋昌園のわらび餅】

笹屋昌園(ささやしょうえん)


笹屋昌園(ささやしょうえん)

笹屋昌園(ささやしょうえん)

笹屋昌園(ささやしょうえん)さんは、京福北野線「龍安寺駅」すぐのところにある大正7年創業の老舗和菓子屋さんです。

我々、ド地元で、白わらび餅を買うことがあります。

場所は、龍安寺からはちょっと歩きますが、龍安寺駅のすぐ近くです。

Sponsored Link


【送料込】白いわらび4個【元祖豆乳わらび餅】京都「とようけ屋山本」の豆乳使用【ヘルシー和菓子】【笹屋昌園のわらび餅】

京都府京都市右京区谷口園町3−11
URL:http://www.rakuten.co.jp/sasayasyoen/

煉屋八兵衛 わらびもち


煉屋八兵衛

煉屋八兵衛

龍安寺まで行かないまでも、京都観光ではだいたい行く「北野天満宮」のところにも、わらび餅のお店があります。

それが「煉屋八兵衛」さんです。ここでも「黒本蕨もち」(3800円)というトロトロのわらび餅が売られています。

お土産は煉屋八兵衛の黒本蕨もち。食べてばっかや(笑)

@miho_fuが投稿した写真 –

なんと、賞味期限6時間で、前日までの要予約です。

場所がわかりづらいうえに、予約で、賞味期限が短いという難易度が高い京都のお店です。

わらびもち 400円(6個)
わらびもち 800円(16個)
とろり 各種300円(数量限定、黒ごま・きなこ・抹茶)
黒本蕨もち 3人前 2800円(要予約)

京都府京都市上京区今小路通御前通西入紙屋川町854
営業時間:11時~
定休日:木曜


7/9放送『嵐にしやがれ』で「日本一純度の高いわらび粉を使ったわらび餅」が紹介されるそうです。知る限りではそんなもの京都の「茶寮 宝泉」さんの黒いわらび餅しか思い当たりません。実際何が紹介されるのか当日の番組を楽しみにしたいと思いますが「茶寮 宝泉」さんだと思います。



1日30個限定の世界最高級ヨーグルト「クレマドール」というネット専売商品が2014年末頃から超話題となっています。この商品、毎日1日限定で12時に発売されるのですが、速攻で売り切れるということでも話題なのですが、驚くのは1瓶5000円という高級さです。スプーン1杯だと300円にもなります。



京都・宇治市に超有名洋菓子「1年待ちの抹茶テリーヌ」とも言われる「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」を12年前から販売している「シェ・アガタ」さんというお店があるのですが、7/9放送『嵐にしやがれ』で紹介されるかもしれません。


Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。