キチン・キトサンがAGE-終末糖化産物を抑える!5/24『夢の扉+』で山岸昌一さんが登場(ブロッコリースプラウト)

Sponsored Link

AGE-終末糖化産物を抑える物質として「キチン・キトサン」と「スルフォラファン」が知られています。5/24『夢の扉+』で久留米大学教授の山岸昌一さんが登場しますが、「キチン・キトサン」と「スルフォラファン」そして「ブロッコリースプラウト」が紹介されそうです。

というのも、久留米大学教授の山岸昌一さんは過去に「老化を防ぐ食べ物」を紹介しているからです。

ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)
カッテージチーズ
キノコ

AGE-終末糖化産物を抑える物質


5/24『夢の扉+』では、新たな老化の原因として「AGE終末糖化産物」を抑える物質を発見した久留米大学教授で糖尿病が専門の「山岸昌一」さんが紹介されます。

予告では、「新たな老化の原因」としていますが、その存在は古くから知られており、糖とタンパク質が過熱されコゲたもののことです。北京ダックのオコゲやホットケーキのオコゲ、トンカツやタバコなどに多く含まれます。

それらが年齢とともに体内に蓄積されると老化を早めるといわれ、シミやシワ、動脈硬化などを引き起こす原因とされてきました。

今回は、その「AGE – 終末糖化産物」の吸収を抑え、毒性を弱める物質「キチン・キトサン」が紹介されると思われます。(追記:実際の放送では「アプタマー」という物質でAGEを取り囲むことで白血球がAGEを除去すると放送されました)

キチン・キトサンやスルフォラファンがAGE-終末糖化産物を抑える!


久留米大学教授で糖尿病が専門の「山岸昌一」さんは、「AGE – 終末糖化産物」の吸収を抑え、毒性を弱める物質である「キチン・キトサン」「スルフォラファン」について過去触れています。

それらが多く含まれるのが、下記の食べ物です。

Sponsored Link


ブロッコリースプラウト1ケース、10パック前後、500g前後

ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)
カッテージチーズ
キノコ

ブロッコリーやチーズそしてキノコに含まれる「キチン・キトサン」が、体内の「AGE – 終末糖化産物」と結びつき、体外に排出してくれます。

また「スルフォラファン」は、これもブロッコリーに含まれる辛み成分のことで、解毒作用や抗酸化作用があると言われています。

山岸昌一さんは、この「スルフォラファン」に「AGE – 終末糖化産物」を抑える働きがあると述べています。

ブロッコリースプラウトでアンチエイジングやガン予防


Sponsored Link


九州産 ブロッコリースプラウト(スプラウト)  1パック 九州の安心・安全な野菜! 【九州・福岡産】

「キチン・キトサン」と「スルフォラファン」の、どちらも含む食べ物が「ブロッコリースプラウト」です。

平たくいうと「ブロッコリーの新芽」ですが、ただ「スルフォラファン」が多く含む品種の方が効果的です。

Sponsored Link


金スマ(キンスマ)で放映のチコリ入ってます♪【送料無料】新鮮!産地直送!何度でもご注文頂けます●おためしスプラウト11品野菜セット【国産チコリ入り】【野菜セット】【お中元・お歳暮にも】【無農薬野菜】【smtb-TK】

栽培セットなども販売されていますが、育成方法でも「キチン・キトサン」の含有率は変わりますので、素直に野菜そのものを購入した方が効果的でしょう。

ちなみに、小学生だったら、このアンチエイジング効果とブロッコリースプラウト栽培で観察日記を書くと、学校のウケが良いようです(笑)

アーモンドもアルギニンで糖化防止効果があります


Sponsored Link


アーモンド 無添加 素焼きアーモンド 500g 送料無料 ナッツ(無塩/無油/食塩不使用)素煎り おつまみ ロースト アーモンド[ダイエット Almond 健康 美容 nuts 無添加 送料無料 ナッツ アーモンド]

他にも「アーモンド」に含まれるアルギニンが、タンパク質と結びついて糖化を防止するとも言われています。

アーモンド自体はビタミンEが豊富でアンチエイジングに効果がある食品ですね。

あまざけでほうれい線を消す 京都でアンチエイジング(夏の栄養ドリンクあまざけ)

他にも『夢の扉+』関連記事がたくさんあります。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。