【加賀で撮影】4/16-17 小栗旬さんと斎藤工さんが目撃される事案が発生(石川県加賀市)

Sponsored Link

4/16-17 石川県加賀市で小栗旬さんが目撃されています。斎藤工さんも目撃されていますが、たぶん別の撮影だと思われます。また、追記ですが、4/18には再度滋賀県で小栗旬さんが目撃されています。甲賀市の油日神社です(2つあるので注意=以下参照)

小栗旬さんは、先日も京都や滋賀で撮影があったばかりですが、随分とハードなようです。

4/16に小栗旬さんが石川県加賀市入りで、「葉渡莉」(はとり)に宿泊か?

目撃されているのは「葉渡莉」(はとり)という宿です。ただ、確実ではなく伝聞情報です。

えぇところにお泊りのようです。

石川県加賀市山代温泉通り17
URL:http://hatori.jp/

Sponsored Link


山代温泉 葉渡莉(はとり)

加賀市に小栗旬さん目撃情報は確実な話ではない模様


ただ、この加賀市の話は、4/15から目撃情報が出ています。

しかし、4/15-16は、小栗旬さんは滋賀県彦根城での撮影のはずなのです。

4/8 京都・上賀茂神社
4/9 京都・摩気神社
4/15 滋賀・彦根城
4/16-17 石川県加賀市(?)
4/22 兵庫・砥峰高原
4/24-27 滋賀・田上山
5/15-16と5/19 静岡県・伊豆の国市

4/16午後に滋賀県から石川県に移動したならありえる

小栗旬さんは、4/16に「加賀市動橋町」で撮影している目撃情報があります。

他に佐藤健さんと高良健吾さんらも一緒で、4/16に「橋立の公民館」で撮影(橋立地区会館?)していたとの話があります。

で、4/16の夜は最初に書いた「葉渡莉」(はとり)に宿泊したというスケジュールになります。4/16の午後に滋賀県の彦根から、加賀市に移動したパターンならありえます。

上記のTweetでは、「兵が邪魔」とあるのですが、小栗旬さんは『信長協奏曲』の撮影なので、この情報は信ぴょう性があります。なぜなら、これまで大量のエキストラ足軽が撮影で動員されているからです。

Sponsored Link


信長協奏曲(12) [ 石井あゆみ ]

小栗旬さんと斉藤工さんは別々の撮影か?


目撃されている主な俳優は、小栗旬さんと斎藤工さんですが、別々の話のようです。ただ、Twitterでは一緒くたになっており情報が錯そうしています。

4/17は、加賀市の市役所で撮影で、4/18は加賀市の病院で撮影とあります。ただ、これが小栗旬さんなのか、斎藤工さんなのか不明ですが、どうやら「市役所」と「病院」での撮影は斎藤工さんのようです。

まぁ、小栗旬主演の映画『信長協奏曲』で、「市役所」と「病院」はないですよね(笑)

小栗旬
佐藤健
高良健吾

斉藤工さんは、4/14(火曜)から加賀市で目撃されています。

斎藤工(さいとうたくみ)
二階堂ふみ
真木よう子
篠田マリ子
大杉漣

こう見ると、両者は別々の撮影だと思われます。

ただ、かなり近いところに実在するようです。

斎藤工さんは映画『蜜のあはれ』の撮影か

映画『蜜のあはれ』(原作室生犀星、石井岳龍監督)の撮影が、現在加賀市で行われており、これに斎藤工さんが出演しています。

「長流亭」というのは、観光名所で古いお屋敷のことです。

『蜜のあはれ』というのは、室生犀星 原作の古い怪奇小説です

Sponsored Link


室生犀星集 [ 室生犀星 ]

追記:4/18 15時頃に滋賀県「油日神社」で小栗旬と向井理さんの目撃情報

4/18 15時頃に滋賀県「油日神社」で小栗旬と向井理さんの目撃情報がでていました。

藤ヶ谷さんの話も出ているのですが、信憑性は不明です。映画『信長協奏曲』の撮影ということで、話が出ているだけだと思われます。

「油日神社」は、4/15の撮影と同じで滋賀県ですが、ずいぶんと南の方になります。甲賀の里のところで、ほぼ三重に近いところです。ここらへんを境にして、南側は良い温泉がたくさん出てきます。

滋賀県甲賀市甲賀町油日1042

なお、「油日神社」は複数あります。滋賀県甲賀市甲南町上馬杉にも「油日神社」が実在するのですが、雰囲気的には「甲賀町油日」の方を撮影に使うかなと思います。

その他の「撮影ロケ」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。